スクランブル英文法・語法 (大学受験スクランブル英文法・語法)

4010339462.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

英文法・イディオムに関する問題を解いてみようと思う人

英文法を授業で習い、その力試しや、実際に問題を解く上での注意などを身につけたい人が特に向いていると言えます。

既に演習を取り組んだ人でも良い復習になるので向いています。

模試やセンターの文法部門で高得点取りたい人にもお勧めです。

スポンサーリンク

単元ごとにわかれた文法問題集

左ページに文法の問題が、右ページにその解説とついでに覚えておくとよい知識が書いてあります。

内容は単元ごとに分かれてあり、センター形式に近い、選択式の穴埋め問題や並び替えを主としています。

体系的に記述されているので、後から確認する事典的な使い方も可能です。

掲載されているレベルが万人向け

学び初めの人が必要な事項が漏れていないだけではなく、模試で問われて差がつくような事項も収録していることが多いので高いレベルを目指す人にもあっています。

入試に役に立ちにくい稀過ぎる知識が掲載される問題集もありますが、スクランブル英文法ではそのような知識が載っていないので大変効率よく勉強できます。

覚えることがまとまっている

文法問題の解説の際に関連する内容をまとめてあり、間違えやすい微妙な違いなどを載せているので、繰り返し演習することでテストに強くなれます。

イディオムも充実しているので他の受験生と差がつけやすいです。

授業を追いかける形+イディオムは毎日1章目安

授業を受けて一度文法に関する理解をした後であれば解ける程度の問題なので、授業内容を定着させるつもりで解くと効率的でしょう。

また重要なイディオムもたくさん収録されているので、それを同時並行で取り組めたらなお良いです。

章ごとにわかれているので一日一章を目安にすると十分だろうと思います。

知らないイディオムや構文を調べる辞書として利用するのもお勧めです。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。