入試英単語の王道2000+50(河合塾SERIES)

477720720X.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

一冊でカバーしたい人へ

『入試英単語の王道2000+50』は単語に対してその意味や用例を示していくタイプのシンプルな単語帳です。
収録語数は派生語なども加えると4750語に達し、1冊で受験に必要な英単語をカバーしたい人に適しています。

スポンサーリンク

シンプルなタイプの単語帳

これと似た、単語と用例を示すタイプのシンプルな構成の単語帳には他にも『システム英単語』や『ターゲット1900』があります。
これらの単語帳が合っている人は、『入試英単語の王道2000+50』もやり易く感じるのではないでしょうか。
ぜひ本屋で手に取って比べ、より自分に合っているものを選びましょう。

「いいとこ取り」をした単語帳

この単語帳は『システム英単語』や『ターゲット1900』の後発の単語帳なので、これらの単語帳の「いいとこ取り」がされているといえます。
例えば、単語に対して、意味が分かる最小限の部分に切った「フレーズ」形式の用例があり、覚える負担を最小限にするという形式が採用されています。

あらゆる面で隙がない単語帳

その他にも、欄外のコメントや語法一覧で入試頻出の語法問題の対策がなされている点や、使われる分野別に単語をまとめて関連付けることで覚え易くする「特色語」、発音がわかりやすいカタカナ表記、入試頻出の多義語対策、単語学習に役立つコラムがある等…、とにかく隙がありません。

盛り込まれた工夫を利用して進めていこう

以上のように多くの工夫が盛り込まれている単語帳なので、一つ一つの工夫を最大限活用して進めていくことで高い効果が得られます。
単語帳の始めの部分に「本書の8大コンセプト」が示されており、それぞれの工夫が明確に分かる形になっているので、それをしっかり読んだ上で学習を進めていくとよいでしょう。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ[PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

今なら無料登録で1ヶ月間無料&もれなくAmazonギフト券2,000円がもらえる!!