ドラゴン・イングリッシュ必修英単語1000

4062136317.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

英作文に使える単語力を身につけたい人へ

「ドラゴン・イングリッシュ必修英単語1000」は、単に英語を見て日本語がわかるレベルではなく、英作文で使えるレベルの単語を身につけたい人向けの単語帳です。
そのため、既に他の単語帳を使った人でもやる意味のある単語帳です。

スポンサーリンク

読める語彙と使える語彙の違い

皆さんがイメージする単語学習は、英語だけを見て日本語の意味が浮かぶ、「読解できる語彙」の段階をゴールとしているのではないでしょうか。

しかしこの「読解できる語彙」のレベルでは、英作文をする際には単語が出てこなかったり、細かい使い方を間違えてしまう可能性が高いです。

そのため、更に次の「発信で使える語彙」のレベルに単語の習得度を上げないといけません。その際に役立つのが「ドラゴン・イングリッシュ必修英単語1000」です。

1語1語の解説が詳しい単語帳

一つの単語に対して「覚え方」と「使い方」がじっくり解説されており、「覚え方」の部分では語源や関連語、「使い方」の部分では英作文で役に立つ文法・語法の知識が多く掲載されています。

そのため、単語の意味と例文を載せただけの単語帳に比べて情報量が多く、普通の単語帳としても覚えやすい上、英作文で使えるレベルまで単語の習得度を上げることができる単語帳です。

単語選定にもこだわり

「ドラゴン・イングリッシュ必修英単語1000」に収録されている単語は、著者の竹岡先生が、手作業によって、これは必要と思われる単語を厳選したものです。

そのため、頻出度や難易度によって単語を掲載している参考書とは違った単語の並び方になっています。「発信で使える英語」にこだわった結果といえるでしょう。

1回目はじっくり読み、2回目以降で完璧に

5つのステージに分かれていますが、1ステージの分量が多いと感じる人は更に小さく分けてもよいでしょう。

・おすすめの使い方
1回目:すべての内容を覚えようとせず、知っている単語も知らない単語も「覚え方」「使い方」をじっくり読んで理解します。

2回目:1回目の学習である程度単語が頭に残った状態で、暗記を目指して学習を進めていきます。

解説が詳しい単語帳なので、1回目に解説をじっくり読むことで2回目以降の学習が一気に楽になるはずです。

こうして英単語を見るだけで意味だけでなく使い方まで浮かぶようになれば、あなたには英作文で使える語彙が身についているはずです。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。