はじめる地理 要点&演習

4860669967.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

地理が苦手で何から手をつけていいのか分からない人へ

地理が全くと言っていいほどできない受験生対象の入門参考書です。
「はじめる」と言いつつも入門から入試レベルまでの広い範囲をカバーしているので、MARCH関関同立一般国公立大学までを志望している受験生にはおすすめできる参考書です。

スポンサーリンク

地理Bの全範囲の基本事項を網羅している

地理Bの範囲がくまなく収録されており、これ1冊で地理Bの基本事項をおさえることができます。
40のテーマ別に分かれておりそれぞれのテーマが分かりやすく解説されています。また、各テーマに基づいた基本問題と演習問題が収録されているので、より実践的な力も身につけることができます。

入門から入試レベルまでの内容を網羅している

地理は受験で利用する人があまり多くないからなのか、その参考書、問題集の数もあまり多くありません。
その中でも、この「はじめる地理」は、入門から入試レベルまでの内容を網羅しており、はじめて地理を学ぼうとしている人はもちろん、応用力を付けたいと思っている人にもおすすめできます。

解説がとても充実している

演習問題の解説が別冊に分かれて収録されていて、解説もとても詳しいので疑問点が残りにくいです。
解説が充実しているので、自学自習の参考書にはもってこいの参考書と言えるでしょう。

理解することを重点に

地理という科目は、単純暗記だけではなく理解することが大事になってきます。
「はじめる地理」は理解と必要事項の暗記を平行して進めることが出来る問題集です。
それぞれのテーマの内容を理解し、演習を解いて定着させていきましょう。
また「入試に出る地理B用語&問題集2000」という一門一答形式の問題集もやると、さらに理解と定着をはかることができます。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

2017年度大学入試出題数No.1の朝日新聞が、7日間の無料お試し読みキャンペーンを実施中!
今なら、受験に役立つ合格応援セットをもれなくプレゼント!