【2016年度】女子美術大学・芸術学部の学費を調査・比較

75998_06-01kobuchi.jpg

画像引用:http://itot.jp/14153/64

この記事では、女子美術大学芸術学部の学費を徹底調査・比較しています。

女子美術大学内での学費の比較だけでなく、全国の大学の芸術学部の学費も比較しました

女子美術大学への進学を考えている人はもちろん、他大学との比較をしたい人はぜひ参考にしてください。

本記事の情報は、2016年4月入学の学生向けに大学が発表した内容に基いています。最新情報は大学ホームページをご覧ください。2017年4月入学の情報は大学が公表次第、更新いたします。

女子美術大学芸術学部の学費

学費の詳細・内訳

美術学科

入学金 300,000
授業料 1,268,000
施設費 320,000
実習費 0
諸会費 10,160
入学時最小限納入金額 1,123,260
納入方法 一括納入方式

デザイン・工芸学科

入学金 300,000
授業料 1,268,000
施設費 320,000
実習費 0
諸会費 10,160
入学時最小限納入金額 1,129,160
納入方法 一括納入方式

アート・デザイン表現学科

入学金 300,000
授業料 1,268,000
施設費 320,000
実習費 68,200
諸会費 10,160
入学時最小限納入金額 1,143,260
納入方法 一括納入方式

※納入方法と制度について

  • 2段階方式…入学手続きが1次と2次に分かれ、1次手続きでは入学金(相当額)を、2次手続きで残額(前期授業料や施設費など)を納める方式です。
  • 一括納入方式…入学手続き時に「入学時最小限納入金」を一括で納入する方式です。
  • その他の方式…2段階方式と返納方式の併用など、大学によって異なるため、募集要項等でご確認ください。
  • 延納制度…大学が定める所定の期日までに申し出れば、入学金以外の授業料などを延納することができる制度です。延納期限は国公立大学の後期日程試験の合格発表最終日移行であることが多いようです。

女子美術大学の偏差値・合格最低点に現時点で届いていない場合

女子美術大学を第一志望として目指しているけれども現時点では全く女子美術大学の偏差値に届いていないため模試でD判定、E判定がでている方もいるかと思います。

そうなると女子美術大学の対策ができる講座を行っている塾や予備校に行くという選択肢も当然考えると思います。

しかし予備校・塾へ通うとなるとそれなりにお金がかかってしまいますし、予備校の過去問講座をとりたいけれど、近くに塾・予備校がなかったりお金をかけられず志望校対策が思ったようにできない受験生もいるはず。

そこでお金をたいしてかけずに女子美術大学の志望校対策につながる勉強ができるので試して欲しいのが「スタディサプリ(旧受験サプリ)」です。

「スタディサプリ」の志望校対策講座


スタディサプリ

スタディサプリとは「スマホ・PCでトップ予備校講師の授業が見れるオンライン学習サービス」で、通年授業・志望校対策講座などの全授業を月額980円で受講可能。

最初の2週間は無料なので、超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ