高3・浪人男子必見!具体例にみる受験生が恋愛をしてはいけない理由

はじめに

みなさんはまずはじめに、この記事名を見て何を思っただろうか?

受験期に彼女が居た男子高校生は受験に失敗する人が多い、という話を今回はする。

「俺には関係ないし(怒)」「俺は両立できるよ!!」という声もあるかもしれないが、ひとまず読んでほしい。

男子受験生が絶対に出会いを求めてはいけない理由

筆者の例:予備校は出会いを見つけに行く場所だった

まずは、筆者の例から見ていこう。
私は中高一貫の男子校出身である。

男子校の男子高校生は当然ながら女の子との出会いの場がない。

じゃあどこで出会うのか?

それは予備校である。

男子校の男子高校生はサバンナのジャングルで飢えたハイエナのごとく女の子に飢えている。
それ自体なんらおかしいことではない。

高校生であれば、1度や2度同じ年齢くらいの女子と関係を持ちたいと思うことなど当然だからだ。

でも出会いがない。

そんな中、彼らは女の子を求めて、勉強をしにいくという大義名分のもと、親に頼んで予備校に行く男子校生が一定数いる。

もちろん勉強がしたいということで、予備校に通う真面目な人もいるのは事実だ。

しかし、予備校とは言ってみれば他校の人とコンタクトの取れる唯一の場所といってもいい。

では、それがなぜよくないことのように言えてしまうのであろうか。

女の子に会えることをモチベーションに頑張れるのであれば、むしろプラスの効果をもたらすこともあるかもしれない。

それは、このようにして出会いを求め、悲惨な失敗に終わった先輩たちの歴史の集積があるからだ。

そんな失敗の例を次で見ていくことにしよう。

予備校で恋愛に溺れ、東大に不合格になった例

ここで高校時代のクラスメイトの実例を挙げて、話していこう。

彼は成績優秀で東大に現役合格間違いなしといわれていた。

そしてそんな彼も例によって、”出会い”を求めて予備校に通い始めた。

そこでちょうど梅雨の最中の今の時期に彼女が出来た。

彼にとって初めての彼女だったらしく、彼は浮かれ有頂天になり、勉強に手がつかない日が続いたそうだ。

一方で勉強の方だが、夏休みは彼女と遊んだ影響か成績はみるみるうちに急降下し、彼は不本意な受験結果に終わり、浪人することになった。

しかし、彼女の方は勉強と恋愛を上手く両立し、希望の大学に合格。
そして、彼女に振られ、その大学の先輩に奪われてしまった。

つまり結果としては、男の方は浪人してもう1年受験生、女の方はストレートで大学生になってしまった。

もちろん立場が変われば会う機会も減るだろうし、大学には男子が星の数ほどいる。

これが恋愛に翻弄されたがために、彼女と1年間の貴重な時間を奪われてしまった哀れな男子校生の末路である。
嘘のようだが、本当の話である。

そして、これは男子受験生には結構あるあるな話なのだ。

実際、とある関西の高校では「高校3年生は恋愛禁止、片思いも禁止、妄想も禁止」と、学校で指導されているらしい。

それほど恋愛が勉強に悪影響を与えると考えている高校もあるのだ。

そして、それは脳科学的にも証明されている事実なのである。

男子は脳科学的にも勉強と恋愛の両立が苦手!?

大学受験は今後の人生を決めると一大行事である。

脳科学的にも男性は女性と比較して、同時にいくつかの作業を並行してするのは苦手な性別である。

女性は気分転換がうまく勉強も恋愛もうまくこなせるが、男はそれができないとよく言われている。

そして「基本的に女の人は電話をしながら、テレビを観る(見るではなく)ことができるが、男は電話をしながらだと電話に集中してテレビの内容を理解することはできない。」(アラン・ピース2002)とも言われている。

つまり男女では脳の構造が違うようだ。

つまり、この男子は不合格で女子は合格というシナリオは、別に男子校出身者に限らず男子一般に共通していると言える。

最後に

いかがだっただろうか。

最後に紹介した脳科学的な話は、男子諸君からすればショッキングな話だったかもしれない。

しかし、よく考えて欲しいのだが、複数のことをするのが苦手ということは、1つのことに集中することは女子よりもはるかに得意であるということなのである。

つまり、、、

受験生は、入試本番まで本気で勉強に取り組もう、ということだ。

そうしてストレートで合格できたその先には……。明るい未来が待っているかもしれない。

参考文献:話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
アラン ピーズ (著)2002




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート