大学受験、当日はこんな風に進行します〜慶応大学編〜

a1289882752455.jpg

先輩が教える、アクセスの注意点

キャンパスは三田キャンパス・日吉キャンパス・矢上キャンパスの三つがあります。
三田キャンパスは田町駅から徒歩15分見ておいた方がいいですが、誘導の人が多いうえに受験生も多いので、迷う心配はほぼありません。
日吉キャンパスは日吉駅から徒歩0分なのですぐ分かります。
逆に、理工学部受験生は日吉キャンパスに吸い込まれないように。矢上キャンパスも最寄駅は日吉駅なのですが、矢上キャンパスと日吉キャンパスは全く別の敷地なので、注意が必要です。

憧れの聖地はどんな校舎?

慶応大学の門をくぐると・・・

キャンパスに着くと、そこはかの聖地、coolでsmartな慶応大学。と思いきや、「三田キャンパスは想像以上に校舎が古い。がっかりした」という声が。一方で、「日吉キャンパスの校舎は、驚くほど外見がぼろい。けど中に入ると案外キレイで安心した」という声も。
その古さがまた良いという人も、もちろんいます。
また、受験会場が細かく分かれていて当日迷ったという人もいるので、余裕を持って会場に行っておきましょう。前日に下見をしておいても良いでしょう。

慶応の受験会場はこんなところ!

試験監督が10人!?広すぎる受験教室

慶応の受験会場は概してとても広いです。
階段状になっている教室や、一教室に試験官が十人もいる大きな教室を初めて経験する人は多いでしょう。
そのため暖房の効く所と効かない所がはっきりするからか、「暖房が暑すぎて、半袖で受験した」という意見から「とても寒かったので、ダウンを着たまま問題を解いた」という意見まで幅広くあります。脱ぎ着しやすい服装は必須といえます。

お食事・トイレなど、その他注意事項

トイレが混みすぎ。尿意を催してから行くと、ダム決壊の危険性があります。事前にいっておきましょう。その一方で経済学部A方式受験の女の子は少ないので、トイレは混んでいなかったという情報もありました。
「一度キャンパスに入ると出られないと聞いていたので、事前にお弁当を買っていきました。」という意見も聞かれました。昼食は事前に必ず買うようにしましょう。

受験にハプニングはつきもの

「自分が受けたとき英語の問題形式がまったく変更されていて、問題を見たとたん頭の中が真っ白になった」・「前の人が挙動不審でいらいらした」といったハプニングを多く耳にします。受験にハプニングは付き物です。それを乗り越えられるよう、精神的に余裕を持って受験に臨もう。
最後に、「日吉キャンパスから出るときに校門前で退場制限がかかり、のんびり帰る準備をしていたら、校門を出るだけなのに一時間くらいかかった」ので、試験が終わったら急いで帰るのがお勧めだ。