模試でよく見るデジタルハリウッド大学|トリビアネタ6選と偏差値・学費・評判まとめ

はじめに|デジタルハリウッド大学とは?

「デジタルハリウッド大学」

受験生の皆さんは、一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

「デジタルハリウッド大学」とは、れっきとした日本の大学です。

読者の皆さんの中には「近所にあるから知ってる!」という人や「友人が通っている」という人もいるかもしれませんが、この大学の異常な知名度の高さには他の要因が関係しています。

デジタルハリウッド大学が圧倒的な知名度を誇るワケ

デジタルハリウッド大学が、受験生の間で圧倒的な知名度を誇る理由、それは多くの人が模試の志望大学を記入する時に使用する「大学コード表」にあります。

「大学コード表」

そう、これは休み時間に全国の大学の名前を見て、面白い名前の大学を見つけては友達と見せ合ったりする……アレです。

大学コード表には日本全大学のコードが掲載されています。

デジタルハリウッド大学は、この大学コード表においてカタカナの独特な名前のせいで皆の目に留まるため、知名度が高いというワケです。

デジタルハリウッド大学でA判定を取るのは難しい

模試においてデジタルハリウッド大学で上位を取るためには九州大や東北大などの旧帝大で上位を取ることに匹敵する得点が必要とまで言われています。

理由としては、全国の進学校の高校生が(理由は不明ですが)志望校の欄にデジタルハリウッド大学を書くことが多いためです。
実際は偏差値37~40の大学にも関わらず、東大志望の高校生がC〜E判定をとることも。

また高校によってはデジタルハリウッド大学での順位が大きな話題になったりもします。

デジタルハリウッド大学を徹底調査してみた!(偏差値や学費、評判など)

そこで今回は、何かと話題のデジタルハリウッド大学を徹底調査しました!

模試でよく見るデジタルハリウッド大学の偏差値・学費・評判とトリビアネタ6選をご紹介します。

果たして、デジタルハリウッド大学とはどういったところなのでしょう?

デジタルハリウッド大学の偏差値

デジタルコミュニケーション学部の偏差値は、35.0~37.5です。(ベネッセ・マナビジョン調べ)

センター試験の得点率も50%程度と言われており、入学難易度はそれほど高くないようです。

デジタルハリウッド大学の学費

初年度納入金額は、1,528,000円で、私大・理系に匹敵する金額です。
私大の中でも、学費は比較的高いと言えます。

しかし、CGやアニメーション、プログラミングといった専門的な勉強ができるので、得た知識や能力を職業選択の際に活かせるのは間違いないでしょう。

デジタルハリウッド大学の学費詳細(2016年度)

年度 2016
入学金 250,000
授業料 980,000
施設費 149,000
実習費 149,000
諸会費
初年度納入金額 1,528,000
入学時最小限納入金額 1,038,000
納入方法 2段階方式。入学手続きが1次と2次に分かれ、1次手続きでは入学金(相当額)を、2次手続きで残額(前期授業料や施設費など)を納める方式。

デジタルハリウッド大学の評判

実際にデジタルハリウッド大学の卒業生の口コミ・評判をまとめました。

良い口コミ・評判

  • 入学する学生は、意識の高い学生や社会人が多いため刺激し合える環境である
  • ダブルスクールの人も多い。他の大学で教養面を勉強し、専門的な勉強(プログラミング、CGなど)はデジハリで学ぶといったこともできる。
  • 講師はその業界の著名な人達ばかりで、腕も確かな人ばかり。指導内容には申し分ない。

悪い口コミ・評判

  • いくらデジハリで専門能力を身に付けたとしても、基礎学力がないと就活などでは不利。よって基礎学力(偏差値50以上)がないと、入学はお勧めできない。
  • キャンパスがそれほど広くなく、設備(PCなど)も全校生徒分あるわけではないので、いつも必ず設備を使って作業をすることはできない。
  • まだできてから新しく発展途上の大学ということもあり、制度面や設備面で多少の粗さがある。

デジタルハリウッド大学のトリビアネタ6選

1.私立でも国立でもない!

デジタルハリウッド大学とは東京都千代田区に本部を置く日本の大学で、デジタルハリウッド株式会社によって2005年度から大学が開設されました。

つまり、株式会社立大学ということになります。

この株式会社立大学は全国を見てもほとんどなく、現在株式会社立大学で学部を設置して講義を行っているのはデジタルハリウッド大学と「ビジネス・ブレークスルー大学」の2つのみです。

2.学部は一つだけ!

デジタルハリウッド大学の学部は現在デジタルコミュニケーション学部の1つしかありません。

しかし、その学部の中でCGやアニメーション、プログラミングなど様々なことが学ぶことができます。

2018年更新

現在では以下のように専門が分かれています。

専科:初心者から学べる就転職対応コース

  • Webデザイナー専攻
  • ネット動画クリエイター専攻
  • グラフィックデザイナー専攻
  • 3DCGデザイナー専攻

本科:本気でデザイン・CG制作と向合いたい方にオススメの一年集中コース

  • CG/VFX専攻
  • UI/UXD専攻
  • 本科CGヴィジュアルアーティスト専攻

個別トレーニング:3DCGをピンポイント学習

  • CGGYM

3. 留学生が多い!

デジタルハリウッド大学の学生には留学生が多く、全学生の3割近くが留学生です。

全国の大学が留学生の受け入れを増やしてグローバル化しようと躍起になっている中で、既に3割もの割合が海外からの留学生なのは凄いことですよね。
この国際色の豊かさはデジタルハリウッド大学の大きな特徴であると言えるでしょう。

4.ソラシティというオフィスビルに入っています。

大学というと大きなキャンパスがあって…というのをイメージする方もいらっしゃるかと思いますが、デジタルハリウッド大学は株式会社立というだけあって、オフィス街のオフィスビルに入っています。

実際私も見に行ったことがありますが、かなり綺麗なビルです。

この御茶ノ水ソラシティの3F/4Fに大学が入っています。

現在ではソラシティの東京本校の他にも各地にSTUDIOという形で、校舎があります。
詳しくは、大学HPをご覧ください。
(デジタルハリウッド大学HP http://www.dhw.ac.jp/

5.入学式は海外で行われていた!(現在は国内)

最近は保護者への配慮から日本国内で行われている入学式ですが、設立当初はデジタルハリウッド大学の入学式は海外で行われていました。

入学式を海外で行ってたなんてカッコイイ!!

6.センター利用の方法が独特

入学方法としては主にAO入試・推薦入試・特待生入試・センター利用入試・一般入試など様々なものがありますが、その中で特に面白いのがセンター利用入試。

「センター利用のどこが面白いんだよ」と思う方もいると思いますが、驚くべきはその科目数。

なんと、入試で使われるのは2科目なんです!!

…ごめんなさい、驚かないですよね…。

本当に驚くのはこの科目の選び方です。

なんとこの2科目は、センター試験全受験科目の中から成績が良かった2科目を利用して入試を受けることが出来るんです。

ですから、「英語」と「国語」みたいな王道ではなくても、点数が良い科目、例えば「地理と現代社会」や「物理と数学Ⅰ」などでも受けれるんです。

…これすごいですよね?

この方式の影響もあってか、志願者数は多く、募集定員15名に対して2014年度は71名が出願しています。

最後に

いかがだったでしょうか。

デジタルハリウッド大学について紹介してきましたが、これでもまだデジタルハリウッド大学のほんの少ししか紹介できていません。

もしデジタルハリウッド大学を第一志望にする方がいれば、オープンキャンパスなどに参加してもっと具体的な情報を得ることをオススメします。

ちなみにですが…

今のところ、デジタルハリウッド大学からハリウッドスターは出ていないようです。
(役者を養成する学校ではありませんからね。)