現役大学生100人に聞いた!高校生活と大学生活、ここが違う!!!

goukaku-lab_2015-07-14_06-02-51.jpg
この記事は 2016年06月16日に更新されました。

みなさんは高校生活と大学生活の違いについて知っていますか?

大学のイメージといえば

「何をするのも自由」

「人生で一番遊べる時!」

「大人の仲間入り」

など、いろいろなイメージを持つ人がいるでしょう。

はたして、本当にそうでしょうか?

今回は、大学生100人に、高校生活と大学生活の違いについて、ホンネを聞いてみました。

みなさんが憧れる大学生の生の声をお楽しみください!

大学生に聞いてみた!高校時代を一言であらわすと…

「青春」。毎朝通学路で慧子ちゃんを見る度、胸が締め付けられたあの感覚はもう戻らない…。(法政大学2年 H・Y)

「自転車」。毎朝高校まで自転車通学していた私。でも大学に入って電車通学するようになり、愛用の自転車は見るも無残にさびついています。(青山学院大学4年 K・K)

「黒」。テニスに打ち込んでいた高校時代。日焼けして真っ黒でした。大学ではバイトや授業が忙しくて、サークルにも週2回しか出られません。今ではすっかり白くなっちゃった。(慶応大学2年 T・A)

■「勉強に縛られた毎日」。進学校だったので、勉強漬けの毎日でした。でも、大学に入ってからは3年間の青春を取り戻せるくらい遊んでます。(慶應大学1年 Y・N)

スポンサーリンク

高校時代を振り返って、「あれだけはやっておけばよかったな」と思うことは?

■「女子高生との恋愛」。大学生になると、女子高生とはなかなか出会えないぞ(笑)(早稲田大学1年 T・N)

■「悪ふざけ」。大学生になると社会の目が気になってできなくなるような悪ふざけを、高校時代にもっとやっておけばよかった。あの無邪気だった頃に戻りたい…(慶應大学2年 N・S)

「筋トレ」。高校時代は自分の肉体に自信があった俺。しかし高3の一年間で筋トレをさぼっていたら、大学にはいって最初の夏に行った海で、好きな子に「ぶよぶよだね」って言われた。(東京大学2年 M・O)

■「高校の先生と仲良くなっておくこと」。大学に入ると、教授と関わる機会は滅多にありません。高校時代の恩師といまだに連絡を取り、いろいろな相談をしている友人を見ると、高校時代こそ信じられる大人を、見つけられるチャンスだったなー、と思います。(立教大学2年 K・K)

次ページ:大学生活で1番びっくりしたこと

PICK UP!

Z会通信教育[PR]

学力の土台となる「読解力」「基礎力」の養成に役立つ2冊セットを希望者全員にプレゼント。
難関大合格に圧倒的に強いZ会から、夏限定の提案です。

「学力が伸びた!」といえる夏にするために、ぜひご活用ください!