センター英語を2週間で50点上げて140点から9割越えにした勉強法・対策法

54366a0992e44f78485fc06441cac3a4_s

勉強法を変更するべきとは思っても、それが正しいか不安で一歩を踏み出せない…
センター試験まで刻一刻と時間が無くなっているにもかかわらず、成績が芳しくない…
そんな受験生はいませんか?

特に英語という教科は通説上、理科や社会などと違って急激に成績が上がることはない科目とされており、
どうすればいいのかと頭を悩ませている受験生も多いはず。もう地道にやっていくしかないと…

そこで今回、通説とは逆に2週間という短期間でセンター英語を50点も爆上げした私の経験談と、そこから考えられるセンター英語対策のコツを皆さんに紹介させていただきたいと思います!

1ページ目はセンター英語とは何かを簡単に説明し、2ページ目は私の個人的な体験談を説明しています。
最後のページでは、今から実践できる英単語の使い方を紹介していきます。

皆さんもぜひ参考にして、短期間でセンター英語の点数を上げて、周りのライバルと差をつけましょう!

※今回はセンター英語リスニングについては省略してあります。リスニングの記事をご覧になりたい方はこちらの記事を参照ください。

東大生が実践したリスニング勉強法で英語リスニングを得点源に

2017.09.04

満点を目指せ!センター試験 リスニングのコツ~実践編~

2015.11.28

センター英語の特徴

ここでは、センター英語が一体どんなテストなのかを大雑把にみていくことにしましょう!

センター英語の配点

センター英語の配点は、多くの場合6つの大問から構成されており
・第1問(発音、アクセント)・・・14点
・第2問(文法、語法、語句整序、応答文完成など)・・・44点
・第3問(対話文完成、不要文選択、意見の要約・・・41点
・第4問(図表問題)・・・35 点
・第5問(長文読解問題(文章短め))・・・30点
・第6問(長文読解問題(文章長め))・・・36点
計200点満点の試験になっています。

全体的な傾向ですが、第2問までは1問2〜4点の配点ですが、第3問以降は1問に5〜6点が与えられています。
これはつまりセンター英語は、読解問題の配点がとても大きい試験であるということになります。

極論ですが、第1問の発音を3つ間違えるのと、第6問の読解問題1つを間違えるのが同じ意味を持つということです。

したがって、配点が大きい読解問題については慎重に答えを選ばねばなりません。
マークミス等にはくれぐれもお気を付けを。

センター英語の難易度について

センター英語は、高校で学習する英語を概ねカバーする形で作成されています。
全体的な難易度は、年度にもよりけりですが優しめです。

一方で、全体的に難化傾向にあると言われていますが、そんなことはありません。
どちらかというと、年度によって難易度が上がり下がりを繰り返しているといったほうが正しいと思います。

全体的に優しめだとはいったものの、80分という限られた時間で高得点を目指すとなると別の難しさがあります。
時間配分やマークミス、出題された文章が合う合わないなど…

また、2年に1度ほどではありますが、問題の形式が一部変更されます。
これは、模試などで形式慣れしている人をなるべく排除しようという試みだと思います。
これについても知らない形の問題に出会っても冷静に対処できるのであれば、容易に正解にたどり着ける問題なのですが、ミスしやすいポイントです。

センター英語は、問題自体は優しめですが、時間的な問題新しい問題の出題などによって難易度は変わってきます。

形式慣れも重要ですが、知らない形式に出会っても冷静に対応できる柔軟さが必要だと思われます。

問題量は普通、正確な読解を!

皆さんの中では、センター英語は時間いっぱいになるという人もいるかもしれませんが、問題量としては80分で十分な量だと思っています。

では、なぜ時間に間に合わないということが起こっているのでしょうか?

原因は、複数の文章を短時間で解くということにより、脳がとても疲労してしまうことにあると思います。

最後の大問になるにつれて長い文章になっていくのに、脳はますますヘトヘトという状況になることで読解スピードが落ちてしまっているのですね。
これが、80分で間に合わない原因だと思っています。

そこで、正確な読解とそのスピードを維持するためには普段から文章を読むスタミナをつけておく必要があります。
長い小説の入試問題を解くもよし、思い切って本屋で英語の小説を買って読むのも良いかもしれません。

センター英語は、疲れてしまったあなたを狙ってひっかけてくるので、注意しましょう!

参考

ここで、1つ疑問を持たれた方はいませんか?
「そんなに疲れるなら最後から解けばいいじゃない」と。

私も受験生の時にそのように思って実際に後ろから解いてみました。

結果は失敗でした。むしろ余計に疲れてしんどかったのを覚えています。

原因としては、最初に重たい長文から入るので、いきなり脳が疲れ流からだと思います。
文法やイディオムの問題が最初にある意味は、長文にスッと入るようにウォーミングアップするためなのだなとわかったのです。

私の個人的意見にすぎませんが、後ろから解くのはオススメできません。

皆さんも自分で試してみてはいかが?(もちろん模試で、ですよ!)

次ページ:2週間でセンター英語を50点上げる方法とは?