勉強できる人の机が必ず綺麗な3つの理由

S__7233576

こんにちは、ライターのshiraです。

勉強をしているといつの間にか机の上が散らかってしまっていることってありませんか?

S__7233578
実はその汚い机があなたの成績を下げている、なんてことも…

受験生が机を綺麗に保つことには沢山のメリットがあります。

今回は勉強のできる人たちが机を綺麗に保つ3つの理由と、受験生にオススメの机まわり整頓法をご紹介します。

理由① 参考書を探す時間を省ける

16時から勉強始めようと思ったものの、使いたい参考書を探すのに時間を取られて結局15分過ぎてしまった…という経験は誰にでもあると思います。

しかし、もし机まわりが整頓されていたらどうでしょうか?

整頓されていれば常に何がどこにあるのかを把握できます。となると、探すという行為をそもそもする必要がなくなります。

勉強のできる人たちは机まわりを整頓をすることによって、探しものの時間を勉強時間として使っているのです。

理由② 忘れ物を減らせる

①でも述べましたが、「どこに何があるのかを把握している」ことは大切です。

学校や塾、図書館など外で勉強するとき、「家に◯◯の参考書忘れた!」なんて経験はありませんか?

1つでも忘れ物をするとその日の予定が狂ってしまいます。最悪、後回しにしてやり忘れてしまう可能性もあります。

「どこに何があるのかが決まっている」という状況であれば、パッと一目でどの参考書を持っていないのかを確認できます。

S__7233582

上の写真のように区切りにはクリアファイルを活用するのがオススメです。科目ごとに区切ることで、参考書を探すときにどこにあるのかすぐにわかります。

理由③ 気を散らさずに集中できる

机の上に色々な物がのっているとつい触りたくなりませんか?

他教科の参考書がのっていると、そちらが気になってしまい、途中で手を出して、どっちつかずな勉強になってしまうこともありますよね。

そんなことで気を散らして集中を切らせてしまうのはもったいない!

机の上に余計なものをのせないだけでそのような事態は防げます。

最低限必要なものだけを机に出して、集中して勉強しましょう。

オススメの整頓方法

自習室の机など、綺麗な机で勉強していると着実に進んでいる感じがしてすっきりした気分で勉強に励めますよね。

どうせ勉強するなら悶々とした気分で勉強するよりも、清々しい気分で勉強したくはないですか?

ということで、ここで受験生にオススメの机の上整頓方法をご紹介いたします。

S__7233581

用意するものは上の写真のような透明の箱2つです。

手順はいたって簡単で箱の1つに「未」、もう1つに「済」と書いて机の端に置くだけです。

「未」の箱にはその日やる予定の参考書を入れ、終わり次第「済」の箱に移していってください。

この方法を使うと、自分の勉強の進み具合を目で見て把握できます。
また、「済」の箱に参考書を入れるたびに達成感を得られますね。

ぜひ上記の方法を実践して受験勉強へのモチベーションを上げてください!