東大生が教える! 普段の授業のノートの取り方(英・数・国)

highlighter-1103715_1920

こんにちは!

小学校の時から「授業はノートで取る」がポリシーだったのに、大学に入って速攻でルーズリーフ派に転じた、竹さんです。

もうすぐ新学期ですね!

授業をどんな風にノートで取るか、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、中高6年間ノートを使い続けてきた私が、ノートの使い方を紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいねー!

英語

長文

英語の授業で多いのが、授業でひたすら長文を読み進めていくというもの。

授業で和訳を聞いてしまうと、分かったつもりになってしまい、テスト直前に何をしたらいいかわからない…という状態になってしまいがちです。

それを防ぐためには…

S_5835296803938
左半分
・2/3ぐらいは授業で扱っているテキストの長文をコピーして貼り付ける
・残り1/3のスペースには、その長文に出てきた知らない単語をリストアップ
S_5835296831044
右半分
・2/3ぐらいは自分で訳した訳を1行あけて書く
・授業で聞いた訳と違うところがあれば、その1行のスペースに赤ペンで訂正
・残りのスペースは、授業で先生が言った注意すべきポイントなどを青ペンでメモ

覚えるべきポイントやテストに出る要点は、授業で先生が言ったことに集約されています!

ただ、黒板に板書されたことだけをノートに書き写していればいいというわけではありません。

何よりも大事なのは先生が口頭で何度も繰り返し説明したところです!

先生の口頭での説明を聞き逃さないよう、メモ書きは青ペンで

ボールペンの方がシャーペンよりもすべりがよく、素早くメモできるんです。

また、青色で書かれた文字は黒よりも頭に残りやすいんだとか。

それを信じて「大事なことは青ペンで」が私の中高時代のモットーでしたよ!!

文法

英語の授業には、長文とは別に、文法問題を解き進めていく形式のものもありますよね?

そのノートは長文の時とは、違う取り方をしなければいけません。

この文法の授業、ただ自分の選んだ選択肢に〇×をつけるだけで終わってしまいがちですが…

S_5835296857446
    
・左端からノートの横幅1/4ぐらいのところに赤線を引っ張る
・赤線より左には、自分の解答と答え合わせの結果を書く
・赤線より右には、その文法の問題で問われていたポイントをメモ
・その問題で注意すべきだったのは、仮定法なのか、はたまた前置詞の用法なのか、一問一問、出題者が何を聞いてきているかを確認する習慣をつけよう

文法の問題は選択問題や、穴埋め問題がほとんど。後からノートを見返しても、何を勉強していたんだか、さっぱり…ってことになってしまうこともしばしば。

そんな事態に陥らないためには、こんな感じのノートの取り方がおすすめです。

解答するスペースは最小限にして、その問題を通して学んだ文法事項をまとめるスペースを大きく取りましょう!

先ほども言ったように、先生が言ったことが一番大事です。

自分で何が大事なのか分からなかったら、先生が何に注意すべきだと言っているか、聞き逃さないようにしましょう!聞いたらすぐに青ペンでメモですよ(笑)

次ページ:次は数学!

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。