【古典文法】助動詞む・むず

byodo-in-165059_1280

こんにちは、ライターの竹さんです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は推量の助動詞「む・むず」を取り上げます。

推量の助動詞「む・むず」は推量のほかに三つの意味があります。それぞれの使い方を見ていきましょう!

推量の助動詞「む・むず」の活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
む(ん) む(ん) む(ん)

活用の型は四段型です。

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
むず(んず) むず(んず) むずる(んずる) むずれ(んずれ)

活用の型はサ変型です。

スポンサーリンク

推量の助動詞「む・むず」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
む・むず 1.推量
2.意志
3.適当・勧誘 4.仮定・婉曲
1.~だろう
2..~う、~よう、~つもりだ
3.~がよい、~てください 4.~としたら、~ような
活用語の未然形の後に続ける

1.推量

少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪いかなら(枕草子・二九九)
少納言よ、香炉峰の雪はどんなでしょう。

かのもとの国より、迎へに人々まうで来むず(竹取物語)
あの元の国(月の都)から、人々が迎えに参上するだろう。

文中の主語が三人称のときは原則として推量の意味をとります!

2.意志

こよひは、ここにさぶらは(伊勢物語・七八)
(わたしは)今宵は、こちらにお仕えしよう。

いづちもいづちも足の向き足らむ方へ往なむず(竹取物語)
(わたしは)どこへでも足の向いた方へ行こう。

文中の主語が一人称のときは原則として意志の意味をとります!

3. 適当・勧誘

などかくは急ぎたまふ。花を見てこそ帰りたまへ(宇津保物語・梅の花笠)
どうしてこんなにお急ぎになるのですか。花を見てお帰りなさるほうがよい。

同じくは、御手にかけ参らせて、後の御孝養をこそよくよくせさせたまはむずれ(保元物語・中巻)
どうせ同じことなら、あなた御自身の手におかけ申し上げて、死後のご孝養(供養)をよくよくなさるほうがよい。

文中の主語が二人称のときは原則として適当・勧誘の意味をとります!

4. 仮定・婉曲

心あら友もがな。(徒然草・一三七)
もし情趣を解する友なら、そのような友がほしい。

(月の国という)さる所へまからむずるも、いみじくも侍らず。(竹取物語・かぐや姫の昇天)
(月の国という)そのような所へもし参るなら、そのようなことも、(今の私には)とてもうれしくはございません。

「む」「むず」が文中で連体形をとるときは、ほとんどが仮定・婉曲の意味です。

「むず」の場合は「むずる」が連体形なので分かりやすいですが、「む」の場合は連体形も「む」なので分かりにくいのが難点です、、、

でも判断する方法はちゃんとありますよ!

下に続く語が 体言(名詞) もしくは 「が」「を」「に」 もしくは 「は」「も」「ぞ」「なむ」「こそ」 のとき、直前の「む」は連体形です。

これさえ頭に入れておけば仮定・婉曲だと一発でわかりますよー!

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。