【古典文法】助動詞「ず」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

こんにちは、ライターのましゅーです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は打消の助動詞「ず」を取り上げます。

打消の助動詞「ず」の意味は打消しだけです。上の語を否定する際に用いられます。他の語のように多義的な意味がないので覚えやすいですね!

打消の助動詞「ず」の活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(ず)・ざら ず・ざり ぬ・ざる ね・ざれ ざれ

スポンサーリンク

打消の助動詞「ず」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
打消し 〜ない 未然形に接続する。

打消

「京には見えぬ鳥なれば、みな人見知ら(伊勢物語・九)
(「京では見かけない鳥なので、人は皆よく知らない」)

捨てがたしとて捨てざらんや(徒然草・五九)
(捨てづらいといって、捨てないのだろうか)

「ず+ば(は)」で「もし〜ないならば」という表現になります。大学入試頻出文法なのでここでセットで覚えておきましょう!

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。