【古典文法】助動詞「ず」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

こんにちは、ライターのましゅーです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は打消の助動詞「ず」を取り上げます。

打消の助動詞「ず」の意味は打消しだけです。上の語を否定する際に用いられます。他の語のように多義的な意味がないので覚えやすいですね!

打消の助動詞「ず」の活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(ず)・ざら ず・ざり ぬ・ざる ね・ざれ ざれ

スポンサーリンク

打消の助動詞「ず」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
打消し 〜ない 未然形に接続する。

打消

「京には見えぬ鳥なれば、みな人見知ら(伊勢物語・九)
(「京では見かけない鳥なので、人は皆よく知らない」)

捨てがたしとて捨てざらんや(徒然草・五九)
(捨てづらいといって、捨てないのだろうか)

「ず+ば(は)」で「もし〜ないならば」という表現になります。大学入試頻出文法なのでここでセットで覚えておきましょう!

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ましゅー

現在、東京大学法学部在学中。趣味は筋トレと古文。古文の世界観が好きで今でも源氏物語などの古典を現代語訳で読む。