【古典文法】格助詞「へ・と・にて」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

前回に続いて格助詞について学んでいきましょう。

格助詞とは上野後に資格を与え、下の後へ関係付ける助詞のことです。

格助詞 「へ」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
1.方向 1.〜へ・〜へ向かって 体言に続く

1.方向

きのふ、山まかり登りにけり。(源氏物語・夕顔)
(昨日、山へ登った。)

スポンサーリンク

格助詞 「と」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
1.動作の共同者
2.変化の結果
3.比較の基準
4.引用
5.並列
6.比喩
1.〜と・〜とともに
2.〜と・〜に
3.〜と・〜と比べて
4.〜と
5.〜と〜と
6.〜のように
体言・連体形に続く

1.動作の共有者

例:これまで逃れくるは、なんぢ一所で死なむと思ふためなり。(平家物語)
ここまで逃れてきたのは、お前と同じ場所で死のうと思うためである。

2.変化の結果

大家ほろびて小家なる。(方丈記)
大きな家が滅びて、小さな家となる。

3.比較の基準

葉のひろごりざまぞ、うたてこちたけれど、こと木どもひとしううふべきにあらず。(枕草子・三七段)
(桐の木の)葉の広がり方は、大げさであるけれども、他の木と同じようには言えない。

4.引用

「かれは何ぞ」なむ男に問ひける。
「あれは何か」と男に問いかけた。

引用の「と」「とて」の直前はかぎかっこを閉じる

「・・・といふ」の引用の「と」は直前が会話の文末のため、かぎかっこが本文に書かれていない場合も、自分で付け足す癖をつけましょう
会話文がどこまでかわかりやすくなり、内容を掴みやすくなります。

5.並列

世の中にある、人すみか、またかくのごとし。(方丈記)
世の中に生きている人とその住んでいる家は、このようなものである。

6.比喩

笛の音のただ秋風聞こゆるに、(更級日記)
(笛の音がまるで秋風のように哀れに聞こえ、)

次ページ:次は格助詞「にて」

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!