【古典文法】古文の格助詞「へ・と・にて」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

古文の格助詞とは

格助詞とは上の語に資格を与え、下の後へ関係付ける助詞のことです。格助詞を順番に見ながら確認していきましょう。

古文の格助詞「が・の・を・に」については、以下の記事で解説しているので、合わせて確認するようにしてください。

【古典文法】古文の格助詞「が・の・を・に」

2020.03.27

格助詞 「へ」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
1.方向 1.〜へ・〜へ向かって 体言に続く

1.方向

きのふ、山まかり登りにけり。(源氏物語・夕顔)
(昨日、山へ登った。)

格助詞 「と」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
1.動作の共同者
2.変化の結果
3.比較の基準
4.引用
5.並列
6.比喩
1.〜と・〜とともに
2.〜と・〜に
3.〜と・〜と比べて
4.〜と
5.〜と〜と
6.〜のように
体言・連体形に続く

 

1.動作の共有者

例:これまで逃れくるは、なんぢ一所で死なむと思ふためなり。(平家物語)
ここまで逃れてきたのは、お前と同じ場所で死のうと思うためである。

2.変化の結果

大家ほろびて小家なる。(方丈記)
大きな家が滅びて、小さな家となる。

3.比較の基準

葉のひろごりざまぞ、うたてこちたけれど、こと木どもひとしううふべきにあらず。(枕草子・三七段)
(桐の木の)葉の広がり方は、大げさであるけれども、他の木と同じようには言えない。

4.引用

「かれは何ぞ」なむ男に問ひける。
「あれは何か」と男に問いかけた。

引用の「と」「とて」の直前はかぎかっこを閉じる

「・・・といふ」の引用の「と」は直前が会話の文末のため、かぎかっこが本文に書かれていない場合も、自分で付け足す癖をつけましょう
会話文がどこまでかわかりやすくなり、内容を掴みやすくなります。

5.並列

世の中にある、人すみか、またかくのごとし。(方丈記)
世の中に生きている人とその住んでいる家は、このようなものである。

6.比喩

笛の音のただ秋風聞こゆるに、(更級日記)
(笛の音がまるで秋風のように哀れに聞こえ、)

格助詞「にて」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
にて 1.場所・時(年齢)
2.手段・材料
3.原因・理由
4.資格
1.〜で
2.〜で
3.〜で・〜によって
4.〜で・〜として
体言・連体形に続く

1.場所・時(年齢)

例:千住といふ所にて舟を上がれば、(奥の細道)
(千住という所で舟から上がると、)
忠盛、三十六にて初めて昇殿す。(平家物語)
平忠盛は、三十六歳で初めて昇殿した。

2.手段・材料

白き虫の、孔ごとにさし出づるを毛抜きにて抜けば、(宇治拾遺物語・二-七)
(白い虫が、穴ごとに出てくるので、それを毛抜きで抜くと、)

3.原因・理由

何ばかりのあやまちにてかこの渚に命をば極めむ(源氏物語・明石)
(何の罪によってこの渚で一生を終えるというのであろうか)

4.資格

太政大臣にて位を極むべし。(源氏物語)
(太政大臣として位を極めるだろう。)

「にて」は補足の説明
格助詞「にて」は「主語・目的語・補語・述語」以外の補足説明として使われます。
「〜にて」以外の分を先に訳し、「〜にて」を最後につけて訳して意味が通れば格助詞「にて」です。

古文の格助詞は設問で問われやすい

いかがでしたか?格助詞は設問になって意味を問われやすいです。問題集などで慣れておきましょう!

【古典文法】古文の格助詞「が・の・を・に」

2020.03.27

【5分で確認】係り結びの法則の要点まとめ

2020.03.31



皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート