【古典文法】格助詞「が・の・を・に」

byodo-in-165059_1280

こんにちは、ライターの竹さんです。

前回に続いて格助詞を学んでいきましょう。

格助詞とは上の語に資格を与え、下の語へ関係付ける助詞のことです。

格助詞「が・の」

   

助詞 文法的意味 訳し方 接続
が・の 1.主格 
2.連体修飾格 
3.同格 
4.体言の代用 
5.比喩
1.~が 
2.~の 
3.~で 
4.~のもの・~のこと 
5.~のように・~のような
体言・連体形などに

1.主格

例:すずめの子を犬君(いぬき)逃がしつる。(源氏物語・若紫)
(すずめの子を犬君が逃がしてしまったの。)

2.連体修飾格

例:二、三十人中にわづかに一人二人なり。(方丈記・一)
(二、三十人の中でわずかに一人か二人だ。)

3.同格

例:白き鳥、嘴(はし)と脚と赤き、鴫(しぎ)の大きさなる、水の上に遊びつつ魚(いを)を食ふ。(伊勢物語・九)
(白い鳥で、くちばしと脚が赤い、鴫ほどの大きさの鳥が、水の上で自由に動き回りながら魚を食べる。)

同格を表す格助詞「の」は
「(連体修飾語)+体言+の+(連体形)+(が・を・に)」
の形をとる。

この時の訳し方は、
1.「~で」「~であって」
2.連体形の下に「の」の上にある体言を補う
の2つの注意点を抑えること!

例:いと清げなる僧、黄なる地の袈裟着たるが来て、(更級日記)
(たいそうさっぱりした感じの僧、黄色い地の袈裟を着た僧が来て、)

4.体言の代用

例:この歌は、ある人のいはく、柿本人麻呂なり。(古今集・九〇七)
(この歌は、ある人が言うことには、柿本人麻呂のものである。)

5.比喩

例:春日野の雪間をわけて生ひ出でくる草はつかに見えし君はも(古今集・巻一一)
(春日野の雪の間をわけて、はえ出でくる若草のように、ほんのわずかに見えたあなたであることよ。)

次ページ:次は助詞「を」「に」について説明します。

PICK UP!

進研ゼミ高校講座 [PR]

約9万問の入試分析が生んだ厳選テキスト!
今なら資料請求で「高校講座」の授業対策、定期テスト対策、入試対策を無料で体験できます。