受身の助動詞「る・らる」の活用

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

こんにちは、ライターのひぐまです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は受身の助動詞「る・らる」を取り上げます。

受身の助動詞「る・らる」は受身のほかに三つの意味があります。それぞれの使い方を見ていきましょう!

受身の助動詞「る・らる」の活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ

活用の型は下二段活用型です。

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
らる られ られ らる らるる らるれ られよ

活用の型は下二段活用型です。

スポンサーリンク

受身の助動詞「る・らる」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
る・らる 1.受身
2.尊敬
3.自発 
4.可能
1.~れる、~られる
2..~れる、~られる、~なさる、お~になる
3.(自然と)~れる、~せずにはいられない 
4.~できる
未然形
る→四段・ナ変・ラ変動詞の未然形の後に続ける
らる→それ以外の未然形の後に続ける

1. 受身

ありがたきもの、舅にほめらるる婿。(枕草子)
めったにないもの、舅に褒められる婿。

物に襲はるる心地して、驚き給へれば(源氏物語 夕顔)
物の怪に(夢の中で)おそわれる気持ちがして、はっと目をお覚ましになると

2.尊敬

かの大納言、いづれの船にか乗らべき。(大鏡)
あの大納言は、どの船にお乗りになるのだろうか。

無下のことをも仰せらるるものかな。(徒然草)
ひどいことを仰せになるものだ。

3. 自発

住みなれしふるさとかぎりなく思ひ出でらる(更級日記)
住み慣れた元の家がこの上なく懐かしく思い出される。

見捨てたてまつる悲しくて、人知れずうち泣か(更級日記 かどで)
(薬師仏を)あとにお残し申し上げるのが悲しくて、人に知られることなくそっと泣かないではいられなかった。

4. 可能

恐ろしくて寝もねられず。(徒然草)
恐ろしくて寝ることもできない

涙のこぼるるに、目も見えず、物も言は(伊勢物語 六二)
涙があふれ出て、目も見えず、物も言うこともできない。

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!