【古典文法】助詞「は・も・なむ・こそ・や・か」

367285a6aec695d879e55aea9d8115ab-1024x709

こんにちは、ライターのもんはんです。

文法チェック&演習シリーズ、今回は係助詞「は・も・ぞ・なむ・こそ・や・か」を取り上げます。

係助詞とは、様々な語の後について疑問・反語・強意などの意味を添え、文末の活用形に影響を及ぼす(関する)助詞のことです。
下の表では、意味がたくさん並べられていますが、それを一つ一つ覚える必要はありません。注意して覚える所以外は、現代語の感覚と同じように、中心となるニュアンスをなんとなく理解しましょう。

係助詞「は・も・ぞ・なむ・こそ・や・か」意味・訳し方・文末の形

助詞 文法的意味 訳し方 文末の形
強意・区別など 〜は
(訳さなくてよい)
通常 終止形・命令形
並列・列挙、同趣の一つ、強意など 〜も、〜でも
(訳さなくてよい)
通常 終止形・命令形
強意 (訳さなくてよい) 連体形
なむ
こそ 強意 (訳さなくてよい)
こそ
已然形
逆接 〜は〜だが
呼びかけ 〜さん、〜よ (-)

[やは]
疑問・反語 〜か。(いや〜ない。) 連体形

[かは]

「は」「も」の意味の分類は、参考書や辞書によって異なっています。意味をはっきりと分けられないので、入試問題に出ることはないと考えてよいでしょう。

注意してほしい係助詞は、「ぞ」「なむ」「こそ」「や」「か」です。係り結びの法則により、「こそ」の結びは已然形、「ぞ」「なむ」「や」「か」の結びは連体形となります。
この法則は重要なので覚えておきましょう。

ちなみに筆者は「ぞ・なむ・や・か連隊」と覚えました。

現代語にも、
「試験を受けるときは、程度の差こそあれ、みな緊張する。」
のように、「こそあれ」「こそすれ」などの形で係り結びの法則が残っています。
「こそ」の結びがわからなくなった時は、この表現を思い出しましょう。

強意・区別などの「は」

あけぼの。(枕・1)
あけぼの(が趣深い)。

「は」については、現代語の感覚でOKです。現代語と同じように、「は」を使うことで事柄を話題にあげます。

格助詞「を」に係助詞「は」がつくときは、「ば」に濁音化します。
あばらなる蔵に、女を奥に押し入れて、(伊勢・6)
がらんとした蔵に、女を奥に押し込んで、

並列・列挙、同趣の一つ、強意などの「も」

参考書や辞書にはいろいろな意味が載っていますが、「も」も基本的に現代語の感覚でOKです。以下の例文を読んで、「確かに、そういう意味の分け方もあるかもなあ……」と思ってくれれば十分です。

☆並列・列挙
味方これを聞いて、一度にどつとぞ笑ひける。(平家・宇治川先陣)
味方これを聞いて、一度にどっと笑った。

☆同趣の一つ
才(ざえ)ありとて頼むべからず。孔子時にあはず。(徒然・211)
学才があるといっても、頼みにはできない。孔子時勢に巡り合わなかった。

「も」が二つ以上ある場合は「並列・列挙」となり、一つしかない場合は「同趣の一つ」となります。正直、どうでもいい違いですね。

☆強意
限りなく遠く来にけるかな。(伊勢・9)
限りなく遠くまで来てしまったなあ。

「富士山は3776メートルある」といった時の「も」と同じ用法です。

「ぞ」「なむ」「こそ」

☆強意の「ぞ」「なむ」「こそ」
基本的に訳しません。例外として、「こそ」は現代語にもあるので訳せる場合もあります。

よろづの遊びをける(竹取・かぐや姫の出生)
いろいろな音楽の遊びをした。

その人かたちよりは心なむまさりたりける(伊勢・2)
その人は、容姿よりは心が優れているのだった。

この女をこそ(伊勢・23)
この女を(こそ)妻にしよう。

上2つの例では、係り結びの法則により、過去の助動詞「けり」が連体形「ける」になっています。一番下の例では、係り結びの法則により、意志の助動詞「む」が已然形「め」になっています。

☆逆接の「こそ」
中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。(土佐・2月16日)
(境の)垣ある、一つの屋敷のようなので、望んで預かったのである。

「試験を受けるときは、程度の差こそあれ、みな緊張する。」を「試験を受けるときは、程度の差はあるが、みな緊張する。」と言い換えるのと同じです。

疑問・反語の「や」「やは」「か」「かは」

疑問か反語かは、文脈で判断しましょう。
「やは」「かは」は反語で使われる場合が多いですが、疑問の用法もあるので、文脈判断を怠ってはいけません

☆疑問
蓑笠ある。貸したまへ。(徒然・188)
蓑笠はあります。貸してください。

いにしへもかくやは人のまどひけむ(源氏・夕顔)
昔もこのように人は迷ったのだろう

いかなる所にこの木はさぶらひけむ(竹取・蓬莱の玉の枝)
どんなところにこの木はありましたでしょう

いかなる契りにかはありけむ(源氏・夕顔)
どんな(前世の)因縁であったのだろう

☆反語
近き火などに逃ぐる人は、しばしと言ふ(徒然・59)
近所の火事などで逃げる人は、「ちょっと(待って)」と言うだろうか。いや、言わないだろう。

よき人は、知りたることとて、さのみ知り顔にやは言ふ(徒然・79)
高貴で教養のある人は、(自分が)知っていることであるからといって、そんなに物知り顔で言うであろうか、いや、言わない。

生きとし生けるもの、いづれ歌を詠まざりける(古今・仮名序)
あらゆる生き物は、どれが歌を詠まなかっただろうか。いや、詠まないものはなかった。

月はくまなきをのみ見るものかは(徒然・137)
月は曇りがないものだけを見るものであろうか、いや、そうではない。

ABOUTこの記事をかいた人

もんはん

東京大学文科二類一年。モンスターハンター、前にやったことがありますがクエストが多すぎて挫折しました。よろしくお願いします!