【古典文法】助動詞「たし・まほし・ごとし」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

こんにちは、ライターのもんはんです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は願望の助動詞「たし・まほし」比況の助動詞「ごとし」を取り上げます。

今回の助動詞は簡単です。現代語にも「〜たい」がありますし、「ごとし」も聞いたことがあると思います。ただ、現代語と違う部分もあるので注意して理解しましょう。

願望の助動詞「たし・まほし」比況の助動詞「ごとしの活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
たし (たく)
たから
たく
たかり
たし たき
たかる
たけれ
まほし (まほしく)
まほしから
まほしく
まほしかり
まほし まほしき
まほしかる
まほしけれ
ごとし (ごとく) ごとく ごとし ごとき

活用の型は形容詞形です。現代語の「たい」も形容詞形ですので、全く同じですね!

スポンサーリンク

願望の助動詞「たし・まほし」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
たし 願望 〜たい
〜してほしい
連用形(※1)+たし
まほし 未然形(※2)+まほし
ごとし 比況 〜のようだ
〜のとおりだ
〜と同じだ
体言・連体形・助詞「の」「が」(※3)+ごとし
例示 (たとえば)〜のような
※1 正確には、動詞と、助動詞「る」「らる」「す」「さす」「しむ」の連用形に付きます。
※2 正確には、動詞と、助動詞「す」「さす」「ぬ」の未然形につきます。
※3 正確には、活用語の連体形(+助詞「が」)、体言+助詞「の」「が」につきます。中世以降は体言のあとに直接「ごとし」がつくこともあります。

訳し方

現代語と同じ「たい」だけでなく、「してほしい」と訳す場合もあるので注意!

八島へ帰りたくは、一門の中へ言ひ送って、三種の神器を都へ返し入れ奉れ。(平家・10・内裏女房)
(お前が)八島(=屋島)へ帰りたいならば、一門の中に連絡して、三種の神器を都に返し入れ申し上げよ。

「たくは」の文法的説明は、「たし」の未然形の一つ「たく」の存在を認めるか認めないかにより異なってきます。

存在を認めた場合、
願望の助動詞「たし」の未然形「たく」+接続助詞「ば」が清音化した「は」

存在を認めなかった場合、
願望の助動詞「たし」の連用形「たく」+係助詞「は」
となります。

「まほしくは」「ごとくは」の説明も同様です。

定説が定まっていない部分は大学受験で出ることはないので、この文法的説明を覚える必要はありません訳すことができればOKです。

家にありたき木は、松・桜。(徒然・139)
家にあってほしい木は、松と桜。

紫のゆかりを見て、続きの見まほしく覚ゆれど、(更級・物語)
源氏物語の若紫の巻を見て、続きが読みたく思われるけれど、

げに、千年もあらまほしき御有様なるや。(枕・23)
本当に、千年も(このままで)いてほしい(定子様の)ご様子であるよ。

おごれる人も久しからず、ただ春の夢のごとし(平家・1・祇園精舎)
驕り高ぶる人も長く続くものではなく、(その儚さは)まるで(覚めやすいと言われる)春の夢のようだ

和歌・管絃・往生要集ごときの抄物を入れたり。(方丈・3)
和歌や音楽(についての書物)や、往生要集のような書物の書き抜きを入れてある。

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

もんはん

東京大学文科二類一年。モンスターハンター、前にやったことがありますがクエストが多すぎて挫折しました。よろしくお願いします!