【古典文法】助動詞「なり・めり」

byodo-in-165059_1280

こんにちは、ライターのましゅーです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は推定の助動詞「なり・めり」を取り上げます。
助動詞「なり」の意味は推定・伝聞、助動詞「めり」の意味は推定・婉曲です。

推定の助動詞「なり・めり」の活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
なり (なり) なり なる なれ
基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
めり (めり) めり める めれ

活用はラ変型になります。

伝聞推定の助動詞「なり」と推定の助動詞「めり」は似た訳し方をします。「なり」は「鳴り」が語源で音からの推定、「めり」は「見+あり」が語源で、目で見たものからの推定という違いがあるので、穴埋めなどではしっかりと区別しましょう!

スポンサーリンク

推定の助動詞「なり」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
なり 推定・伝聞 推定:〜ようだ
伝聞:〜そうだ、〜という
終止形に接続します。ただしラ変型の活用語の際には連体形に接続します。

推定

「笛をいとをかしく吹き澄まして、過ぎぬなり(更級日記 大納言殿の姫君)
(「笛をたいそう見事に清らかに吹いて、過ぎていったようだ」)

男もすなる日記といふものを、(土佐日記 一二・二一)
(男も書くという日記というものを、)

伝聞

また聞けば、侍従の大納言の御むすめ亡くなりたまひぬなり(更級日記・梅の立枝)
(また噂に聞いたところ、侍従の大納言のご息女がお亡くなりになったそうだ。)

推定の助動詞「めり」意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
めり 推定・婉曲 推定:〜ようだ、〜と見える
婉曲:〜ようだ
終止形に接続します。ただしラ変型の活用語の際には連体形に接続します。

推定

すだれを少し上げて、花奉るめり(源氏物語・若紫)
(すだれを少し上げて、花をお供えしているようだ。)

婉曲

今様は、むげにいやしくこそなりゆくめれ(徒然草・二二)
(今の世の様子は、ひどく下品になってゆくようだ。)

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

ましゅー

現在、東京大学法学部在学中。趣味は筋トレと古文。古文の世界観が好きで今でも源氏物語などの古典を現代語訳で読む。