【古典文法】接続助詞「が/を/に」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

みなさん、こんにちは。
今回は接続助詞「が/に/を」について学んでいきましょう。

接続助詞「が/に/を」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
が/を/に 1.順接の確定条件(「を/に」のみ)
2.逆説の確定条件
3.単純接続
連体形に続く
接続助詞「が/を/に」のポイントは訳し分けです。「順接の確定条件」と「単純接続」は厳密に訳の区別をしなくても意味はそれほど変わらないので、問題はないですが、逆説を他の意味で捉えないように注意しましょう。前後の文章の関係を考えれば自ずと用法は見えてくるはずです。

順接の確定条件

例:「明日は物忌みなる、門強くささせよ」(蜻蛉日記)
(「明日は物忌みであるので、門をしっかり閉めさせよ」)

例:あまり憎き、その法師をばまづ斬れ。(平家物語)
(あまりに憎いので、その法師をまず斬りなさい。)

逆接の確定条件

例:めでたく書きて候ぶらふ、難少々候ふ。(古今著聞集)
(素晴らしく書かれてございますけれども、難点が少々ございます。)

例:十月つごもりなる、紅葉散らで盛りなり。(更級日記)
(十月の末頃であるのに、紅葉が散らず盛りの様子である。)

例:雪のいと高う降りたる、例ならず御格子まゐりて、(枕草子・二九九)
(雪がたいそううず高く降り積もっているけれども、いつもと違って格子を降ろして、)

単純接続

例:門に入る、月明かければ、いとよくありさま見ゆ。(土佐日記)
(門を入ると、月が明るいので、とてもよく様子が見える。)

例:女君二人、男君一人おはせし、この君たちみな大人び給ひて、(源氏物語)
(女君二人、男君一人がいらっしゃったのであるが、この君たちがみな成人なさって、)

例:「汝が姓は何ぞ」と仰せられしかば、「夏山となむ申す」と申しし、やがて繁樹となむ付けさせたまへりし。(大鏡・序)
(「お前の姓は何という」と仰ったので、「夏山と申します」と申し上げたところ、そのまま繁樹とお付けになってしまった。)

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ましゅー

現在、東京大学法学部在学中。趣味は筋トレと古文。古文の世界観が好きで今でも源氏物語などの古典を現代語訳で読む。