【古典文法】助詞「して・より・から」

367285a6aec695d879e55aea9d8115ab-1024x709

こんにちは、ライターのありさです。

文法チェック&演習シリーズ、今回は格助詞「して・より・から」を取り上げます。

格助詞とは上の語に資格を与え、下の後へ関係付ける助詞のことです。

格助詞「して」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
して 1.手段・方法
2.使役の対象
3.動作の共同者
〜を使って・〜で
〜を受かって・〜に
〜と一緒に
体言・連体形などに

1.手段・方法

そこなりける岩に指の血して書きつけける。(伊勢物語・二四)
(そこにある岩に指の血を使って書きつけた。)

2.使役の対象

御使ひして申させ給ふ。(源氏物語・明石)
(御使いの者を使って申させなさる。)

3.動作の共同者

もとより友とする人ひとりふたりして行きけり。(伊勢物語・九)
(以前から友人として親しくする人、ひとりふたりと一緒に行った。)

「して」の3用法の訳し分け
次の基準で訳し分けます。
1.〔物〕して=〔物〕を使って
2.〔人〕して=〔人〕を使って
3.〔複数・団体〕して=〔みな〕一緒に

次ページ:次は助詞「より」「から」について説明します。