【古典文法】接続助詞「が/を/に」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

≪1≫次の文章中の接続助詞「に」の用法を答えなさい。
(1) 涙のこぼるるに、目も見えず、ものも言われず。(伊勢物語・六二)
(2) かぐや姫、あやしがりて見るに、鉢の中に文あり。(竹取物語)
(3) 走り出でて見るになし

≪1≫の解答

(1)順接の確定条件

訳:涙がこぼれるので、目も見えず、ものも言えない。

(2)単純接続

訳:かぐや姫が、不審に感じて見ると、鉢の中に手紙がある。

(3)逆説の確定条件

訳:走り出して見るけれども、ない。

おわりに

いかがでしたか?

接続助詞の「が/に/を」はそれほど試験で得点に直結する範囲ではないですが、確実に押さえておくことで思わぬ失点を防げます。

この記事でしっかり復習しておきましょう!




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート