【古典文法】接続助詞「と/とも・ど/ども・ものの/ものを/ものから」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

みなさん、こんにちは。
今回は「と/とも・ど/ども・ものの/ものを/ものから」について学んでいきましょう。

……多い? いいえ、覚えることは少ないので頑張っていきましょう!

接続助詞「と・とも」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
と・とも 逆説の仮定条件 〜ても・〜としても 終止形に続く

逆説の仮定条件

例:長くとも四十にたらぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。(徒然草・七)(長くても四十歳にならないくらいで死ぬのが、見苦しくないだろう。)

スポンサーリンク

接続助詞「ど・ども」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
ど・ども 逆説の確定条件 〜けれども・〜のに 已然形に続く

逆説の確定条件

例:まことに損ありと言へども、また大きなる利あり。(徒然草・九三)(本当に損だと言うけれども、やはり大きな利益もあるのである。)

接続助詞「ものの・ものを・ものから」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
ものの・ものを・ものから 逆説の確定条件 〜けれども・〜のに 連体形に続く

逆説の確定条件

例:都に出でて君に逢はむと来しものを来しかひもなく別れぬるかな(土佐日記・十二月二十六日)
(都を出て、君に会おうとやってきたけれども、来た甲斐もなくもう別れてしまうのだなあ。)

逆説の接続助詞は、意味は一通りしかないので、覚えることは少ないと思います。それぞれの接続助詞で接続する活用形が違うので、その点だけ注意しましょう。
PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

ましゅー

現在、東京大学法学部在学中。趣味は筋トレと古文。古文の世界観が好きで今でも源氏物語などの古典を現代語訳で読む。