日本最高峰の英語の授業って難しいの?東大の英語の授業について紹介します!

東大の英語の授業はどんなものがあるの?

英語は必修!

東大の英語の授業では、英語一列、英語中級、ALESA、ALESS、FLOWが全て必修科目として開講されています。

全体的なレベルとしては、教員によってまちまちですが、東大入試の英語が理解できていれば大丈夫なレベルです。

いつ履修すれば良いの?

英語の履修時期について説明する前に、まず東大の特殊な学期制について紹介します。

東大では、セメスター制とターム制という学期制があります。

セメスター制はいわゆる2学期制で、前期(4月〜7月)をSセメスター、後期(9月下旬〜1月)をAセメスターといいます。

また、ターム制はSセメスター、Aセメスターの中でさらに学期を半分に分けたもので、概ね4月〜5月までがS1ターム、6月〜7月までがS2ターム、9月下旬〜11月中旬までがA1ターム、11月下旬〜1月までがA2タームとなります。

英語についての履修時期の例です。

S1ターム S2ターム A1ターム A2ターム
ALESAもしくはALESS(2単位、Sセメスター) 英語中級(2単位、Aセメスター)
英語一列(1単位) 英語中級(1単位) FLOW(1単位) 英語一列(1単位)

上図のように、1年生のうちに英語一列は2単位、英語中級は3単位、ALESAもしくはALESSは2単位、FLOWは1単位取得しなければなりません。

各科目についての紹介

英語一列

英語一列では、『東京大学教養英語読本』という教科書を使って、高校のコミュニケーション英語や英語表現の授業と同じように、読解中心に授業を進めていきます。

習熟度別にクラス分けがされていて、上位10%がG1、上位10〜40%がG2、それ以下がG3となります。

Sセメスターでは入試の英語の点数によって、AセメスターではSセメスターの期末試験の点数によってクラス分けされます。

基本的に授業は日本語で行われますが、G1だけは全て英語で行われます。

英語中級

英語中級では、教員ごとにやるテーマや内容、授業の負担やレベルが違います。

O・ヘンリーの小説についてひたすら読み進めていく先生もいれば、英語の発音記号や正しい発音の仕方について教える先生もいます。

そのため、シラバス(講義の内容紹介・授業計画)を読んで自分のやりたいものを選び、履修する必要があるのです。

また、学期が始まったときに授業の抽選希望登録をしなければならないので、必ずしも自分が取りたいと思った授業を取れる訳ではありません。

ALESA・ALESS

ALESA(Active Learning of English for Students of Arts)、ALESS(Active Learning of
English for Students of Science)は英語でレポートを書く方法を学ぶ授業です。

ALESAが文科向け、ALESSが理科向けのものとなっています。

もちろん授業は全て英語オンリーです。

教員が指定したテーマに沿って、プレゼンテーションやディスカッションをしながら議論を深め、レポートを書き上げていきます。

また、ALESSではこの他に実験を行い、その結果をレポートにまとめます。

毎日の課題も量が多く、調べ物や実験に苦戦することもしばしば。そのため、SNSではよく「#ALESAつらい」「#ALESSつらい」といったタグが立ちます。

確かに他の教科よりやるべきタスクは多いですが、計画的にこなしていけばさほどつらいものではありません。

FLOW

FLOW(Fluency-Oriented Workshop)は、英語でディベートやプレゼンテーションなどをして、スピーキング力を高める授業です。

形式としては、高校のLLと似ていますが、受けてみた感覚としてはややハイレベルです。

これもまた授業は英語オンリーです。日本語は厳禁です。

また、毎週提出課題として「自撮り」が課されます。

「自撮り」とは、授業の感想などを2分間スピーチし、パソコンやスマホで録画したものを提出する課題です。

これもかなりの負担となるので、「#FLOWつらい」というタグも立ちます。

英語で話すことが苦手な人にとってはつらいかもしれませんが、英語で話す力がかなりつきますよ。

高校生のうちにやっておきたいこと

東大入試の英語が分かれば大丈夫とはいえ、授業についていくためには、それなりの英語力が必要です。

また、大学では特に英語で話す場面が多いので、高校生のうちからスピーキング力やリスニング力を上げた方が良いでしょう。

特におすすめなのが、TED Talksという英語のプレゼンテーションを見て勉強することです。

ネイティブスピーカーの話すスピードになれることで、リスニング力が向上します。

さらに、面白いプレゼンテーションを通じて、英語で自分の伝えたいことをどのように話せば良いのかも分かりますよ。

まさに一石二鳥ですね!

興味のある人はぜひ、見てみてはいかがでしょうか?