浪人経験者が語る!予備校生活のリアルな実態とは?

浪人経験者が語る!予備校生活のリアルな実態とは?

予備校での浪人生活を語る

もし現役で合格できなかったら…現役で第一志望に合格できる気がしない…

今日はそんな皆さんに、「浪人」という未知の世界を知っていただきたい。

「浪人」ってとても恥ずかしいイメージありませんか。

「浪人」ってとても苦しいイメージありませんか。

実際に1年の浪人を経験した私が、学習面・メンタル面を中心にお話ししようと思います。

スポンサーリンク

1年を通した生活リズム

朝6時半に起床し予備校に向かう。電車で約1時間かけて通っていました。

授業がおおよそ8時~16時まであり、それ以外の時間はすべて予習・復習など自学自習の時間でした。

予備校の閉館時間は21時半です。家に22時半に着くように予備校を後にします。

電車の移動時間は英単語勉強の時間に充ててました。

帰宅後はお風呂に入り食事をし、少しばかりの休憩時間を取り24時には寝床につきます。

浪人生の予備校生活:4~6月

前期授業期間。この時期は皆希望に満ち溢れていて、第一志望合格へ全力疾走しています。

高校の友達も少なく、孤独であることが多いですが、隣になった人と少しずつ友達になっていきます。

(私は隣になった女の子に話しかけたのに無視されました。)

私は早慶上智コースに在籍していましたが、授業で扱う内容は応用ではなく基礎中の基礎でした。

現役からの積み重ねがなくとも1年間真面目にやれば早慶に合格できるような授業構成です。

英語はSVOCから学んだ記憶があるほどです。

春休みに志望校と現在の自分の実力とを比較し、どれくらい頑張らなければいけないかを考えました。

偏差値50から浪人生活をスタートさせた私にはやるべきことが多く、ただひたすらに焦っていました。

その結果、先に述べた1日12時間の勉強というノルマを決めました。

具体的にどの教科を何時間勉強したかを手帳に記録し、毎週振り返るようにしていました。

img_0075

(正の字を書いていく。黒字が1時間、赤字が30分、青字が15分)

img_0076

当時は気づきませんでしたが、この習慣が直前期で絶大な効果をもたらしたのです。

この手帳、よく覚えておいてくださいね。

浪人生の予備校生活:7~8月

この期間には通常の授業はなく、夏期講習期間となります。

自習時間には講習の予・復習に加え、前期の授業の復習を行います。

夏季期間は自分が受講した講座数によって授業数が変わってきます。

受講数の少ない生徒は必然的に自習時間が増えます。

それが原因で怠け始める生徒がちらほらと…

私も講座を取らなかった期間は退屈で退屈で、モチベーションがあまり上がりませんでした。

「受験の天王山」と言われる夏であるが、まさにその通りです。

夏にどれだけ頑張ったか、特に前期の予習を怠らずやれたかで後期からの成績の伸びが大きく異なってきます。

浪人生の予備校生活:9~11月

後期の授業が始まります。先述した通り、夏休みの結果が綺麗に反映されます。

夏をさぼった人は授業についていけなくなり、ドロップアウトする人が増えます。

後期からは発展的なことを学習するような授業構成になっているので、先ほど述べた前期の復習が大切になってくるのです。

しかし、真面目にやっているがゆえに模試の判定が悪いと落ち込みやすくなる、という事もよくあります。

後がない浪人生にとっては生以上にナイーブになりやすい時期。

私もC判定を出して落ち込んで2日さぼってしまいました。

浪人生の予備校生活:12~2月

大詰めの時期。通常授業も終了し、冬期講習が開始します。

講習では新たな知識を取り込むという事はせず、今までの総復習やセンター対策、志望校対策などを行います。

自習時間も過去問演習や、自分の苦手分野に大きく時間を割くことになります。

ここまで来たら根性がものをいいます。効率とかは一切無視、どれだけ量をこなしたかが重要になってきます。

今まで自分がインプットしてきたものをどうやってうまく採点者にアピールしていけるか。

その繰り返しになります。

私立文系の私には、金銭的にも精神的にも来年もう1年頑張るという選択肢はなく、今年で合格を決めねばならないというプレッシャーが大いにありました。

早稲田の一発目、文化構想学部の試験の出来が良くなかった(解答速報と答えが全く合っていなかった)ときは落ち込みに落ち込みました。まともに食事もできず眠れませんでした。

その3日後に法学部の試験があり、最悪のコンディションでの受験でした。

しかし結果は合格。どんなにコンディションが悪くとも、自分が今までやってきたことは裏切らないのです。

直前期では入試の時以外にも不安になることが多くありました。

しかし今まで勉強時間を記録し続けてきた手帳が精神安定剤的な役割を果たしてくれました。

「今までこれだけやってこれたから絶対大丈夫だし、これで落ちても諦めがつく」そう思えたのです。

何か残る形で記録しておくことを強くおすすめします。

よくあるご質問

Q. 遊んだりしなかったの?

A. ほぼ遊びませんでした。

勉強をしなかったのは夏に野球部の後輩の大会を見に行った日と、模試の成績が悪くて2日ほど不登校になった時くらいです。

外食もめったにせず、月一で予備校の友達とラーメンに行く程度でした。

Q.睡眠時間は?

A. 6時間+予備校で爆睡する時間の合計7時間くらいです。

私はロングスリーパーなので、本当は8時間寝ないと体が持たないのですが少し時間を節約しました。

友達の中には4時間で頑張っているという人もいました。

しかし大切なのは「自分に適度な睡眠時間を確保する」という事です。

人により睡眠時間の長短に差があります。

長い睡眠時間を必要とする人が4時間だけの睡眠で勉強には集中できません。

過剰に睡眠時間を削ることは決してしないでいただきたいです。

まとめ

ご覧の通り、私はストイックに1年間勉強してきました。

とりあえず1年余分に受験すれば合格できる?甘いです。

強い信念をもって、毎日必死に勉強しなければ浪人しても合格は見えてこないのです。

今、現役合格が難しく浪人を考えている皆さん。

「今」必死に勉強していますか?

「今」できない人は浪人しても必死になれません。

残念ながらやる気を出せず堕落していく人たちが予備校にはたくさんいます。

脅すようで申し訳ないのですが、私の在籍していた早慶上智コース100名強のうち実際に早慶上智に合格したのはたったの10名。

そんな中でどう頑張っていけるか。

この記事を見た今から、自分の行動を反省して何か変えるべきじゃないでしょうか。

ただ漠然と変えようと思うのではダメ。

自分のどこがダメでどう改善していけばいいのか具体的に考えてください。

浪人に対するイメージは変わりましたか?

1年の浪人を通じて計画の大切さをはじめ、色々なことを学びました。

少なくとも私にとっては充実しており、私の人生を変えてくれた1年だったと思っています。

もし現役の時の結果が不本意なものであったのなら、浪人という選択肢を視野に入れてみてくださいね。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!