【古典文法】副助詞「だに・すら・さへ」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

こんにちは、ライターのありさです。

文法チェック&演習シリーズ、今回は副助詞「だに・すら・さへ」を取り上げます。

副助詞とは様々な語について、ある意味を添えて、後の用言を修飾する役割があります。

副助詞「だに」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
だに 1.類推
2.最小限の願望(限定)
〜さえ
せめて〜だけでも
体言・連体形・助詞

1.類推

光やあると見るに、蛍ばかりの光だになし。(竹取物語・仏の御石の鉢)
(光があるかと見ると、蛍ほどの光さえもない。)

2.最小限の願望

散りぬとも香をだに残せ梅の花恋しき時の思ひ出にせむ(古今集・春)
(散ってしまっても、せめて香りだけでも残してくれ、梅の花よ。恋しく思う時の思い出にしよう。)

最小限の願望(限定)を示す場合、下に命令・意志の気持ちや過程を表す語を伴うことが多いです!

スポンサーリンク

副助詞「すら」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
すら 1.類推 〜さえ 体言・連体形・助詞

1.類推

聖などすら、前の世のこと夢に見るはいと難かなるを、(更級日記・宮仕へ)
(高僧などでさえ、前世のことを夢に見るのはたいへん難しいそうだが、)

副助詞「さへ」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
さへ 1.添加 〜までも 体言・連体形・助詞

1.類推

望月の明さを十あはせたるばかりにて、ある人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。(竹取物語・かぐや姫の昇天)
(満月の明るさを十あわせたくらいで、そこにいる人の毛穴までも見えるほどである。)

「さへ」は「サエ」と訳さない!

「サエ」と訳すのは「だに」で、「さへ」は「サエ」と訳しません。
入試には、空欄に「だに」「さへ」を補充させる問題がよく出ます。違いを明確にしておきましょう。

おわりに

副助詞の理解は古文読解をする上で重要です。

たくさんあって大変ですが、頑張って覚えてしまいましょう!

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!