教師「同じ参考書を何周も使え」←バカ正直に6周もした結果

6周もした猛者から学ぶ、勉強の姿勢

同じ参考書を何周もするといっても、ただ作業をこなしているようにやるのは全くの無駄です。

「1回1回を、1問1問を大切に、その参考書でわからないことがなくなるように。」この意識が重要らしいです。

実際、A君の話を聞いたB君は「6周さえすれば文法がマスターできる」という思い違いをして、その6周を無駄な時間にしてしまいました(6回とも同じ問題に『わからないマーク』をつけていました)。

僕は彼の偉業を見て素直に「すごい」と思いました。しかし僕はみなさんに「同じ参考書を6周しろ」だなんてことは言いません。

ただ、1問1問全力で取り組み、『わからないマーク』を分からないままにせず、納得のいくまでやり切るという気持ちで参考書を使って欲しかっただけです。一度ご自分の勉強のしかたを見直してみませんか?




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート