TOEIC満点・英検1級のATSUさんから学ぶ、効率的な英単語の暗記法・勉強法

goukaku-lab_2015-07-09_05-27-55.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

こんにちは!合格サプリ・ライターのやすです。

受験生から良くいただく悩みの1つの「英単語が覚えられない」というものがあります。
私も受験生時代、ほんとに英単語の暗記が苦手でした、、、

そこで何か上手い方法がないかと探していたら、面白い動画を見つけたので、今日はその動画をご紹介したいと思います。

ATSUさんとは?

ATSUさんは日本人(純ジャパ)でありながら、留学経験なしで、

・英検1級
・TOEIC990点
・TOEFL iBT103点
・IELT8.5

を獲得されており、現在はオーストラリアの大学院で勉強されているという、超すごい方です。
なので、紹介されている暗記法にはとても説得力があります。

スポンサーリンク

TOEIC満点・英検1級のATSUさんが紹介する英単語の暗記法

ATSUさんは、一冊の単語帳を覚えるための
主たる戦略と3つの戦術を教えてくれます。

主たる戦略:まず単語帳の全体像を掴む!

まず英単語暗記の戦略として、1冊の単語帳を何周もすることが大事だと言います。
何周もするというのは大変そうに思えますが、ATSUさんの解説を聞くとなんとなく自分もできそうと思えてきます。

・単語帳の全体像を掴むとは、単語帳のどの辺にはどういった単語が入っているのか、をなんとなく掴むということ。これを反復的に何度も行うことで頭に摺りこんで記憶していく。

・単語帳の頭から1つ1つの単語を順番に覚えようとすると、すべての単語を覚え終わるのに、途方もない時間がかかってしまう。

・1つ1つの単語は覚えるのではなく「見たことがある」ぐらいの記憶で良いので、とにかくまず1周してみる。スピードを維持してさっと1周することで、単語帳1冊を画像のように暗記できる。

・2周目は、50%覚える。3周目は80%覚える。というように、単語帳を1周するのを何度も繰り返す。これを10周ぐらいすると、完璧に覚えられている。

・10周と聞くと多いと思うかもしれないが、最後の方にはほとんど覚えているので、1周するのに2日ぐらい終わるようになる。

引用:英単語暗記法 留学経験なしでIELTS8.0, TOEFL iBT103, 英検1級, TOEIC 990

つまり、1周目するときは完全に覚える必要はなく、
・自分の使っている単語帳にどんな単語が入っているのか
・どのページにどんな単語があったか

といったようなことを、画像的に頭に入れることが大切だということです。

確かにまず自分の単語帳の全体像を掴むことができると、
「この章は簡単そうだから覚えやすそう」
「あの章は難しい単語のオンパレードだったから、結構時間がかかりそう」
といった感じで、なんとなく時間がかかりそうなところや、弱点などが見えてくるので、2周目以降の対策が立てやすくなりますよね。

次ページ:何周もする過程での具体的な3つの戦略

PICK UP!

Z会通信教育[PR]

学力の土台となる「読解力」「基礎力」の養成に役立つ2冊セットを希望者全員にプレゼント。
難関大合格に圧倒的に強いZ会から、夏限定の提案です。

「学力が伸びた!」といえる夏にするために、ぜひご活用ください!