東大生が教える!「成績の上がらない」最悪の勉強の仕方と改善の仕方10選

こんにちは、ライターの啓です。

みなさん勉強は順調に進んでいますか?

「成績がなかなか上がらない」と悩む受験生は多いことだと思います。
ただでさえ好きでもない勉強をしてるのに、成績が上がらないなんて最悪ですよね。

実は、成績が上がらないのはある共通する間違ったやり方で勉強をしているからかもしれません。

私は成績の上がらない勉強法には10つのパターンがあると考えています。
その1つ1つを紹介し、何がいけないのかやどうすれば成績が上がるようになるのかを紹介していきます。

人の勉強法を真似するのは勇気がいることだし、なかなか難しいかもしれません。
しかし、自分の勉強のやり方の間違っているところを修正するのは案外簡単にできるのでぜひ参考にしてください!

必見!成績の上がらない勉強法とその改善法(上)

このページでは、成績の上がらない勉強法とその改善法の最初の3つを紹介しています!

その1:授業や定期テスト、模試などをやりっぱなしにする

せっかく時間と体力を割いて取り組んだ課題や授業、定期テスト、それに模試。
一度やったからといって満足してはいけません。

それらは復習までしなければ、その努力と時間は完全に無駄になってしまいます。
なぜならば、脳が一度しか入ってこなかった情報は、価値が低いものとして覚えようとしてくれないからです。

一度時間をかけて、頑張ったのにもかかわらず、何も脳内に残らないというのはもったいないことですね。

何度も繰り返し覚えようとすることで、脳が重要な情報なんだと認識してくれて覚えることができます。

なにかをやりっぱなし、というのは脳からしたら流れる風景と同じ扱いなんですね。
これでは覚えてくれるはずがありません。

自分の苦労を無駄にしないためにも、復習はきちんとやってほしいと思います。
復習をして、知識を定着させることで結果として効率的に勉強することができます。

復習はどれくらいすればいいのかというと、次に解いた時に確実に解けるようにすればOKです。
私の経験則からすると、だいたい同じことを3回すれば間違く覚えることができると思います。

復習は予習やテストよりも重要なことですので、復習をしたことがなかった人は試してみてくださいね!

その2:自分の勉強していることに興味をもたない

いくら勉強できる根気強さがあったとしても、内容に興味を持たなければなかなか成績が上がるほど覚えられないでしょう。

例えば、
「ルイ14世は太陽王と呼ばれています」
と授業で説明されたとします。

そのときに、
「ふーん、なんかよくわからないけどテストに出そうだし覚えるか…」
となっては成績が上がらないわけです。単純な記憶になって終わってしまいます。

これでは、短期記憶になってしまい、定期テストではうまくいったとしても、入試で使えるようになりません。

一方で、
「なんでそんな風に呼ばれるようになったのだろう……?」
と興味を持った場合はどうでしょう。

理由を調べてみようと、学校では教えてくれない深いところまで主体的に知ろうと思えるわけです。

主体的に覚えたことは大抵忘れることはありません。
脳が重要な情報だと判断してくれるからです。

全てのことについて、興味を持つことは難しいことですが、
興味を持つことができたら楽しくなるし、深く知ろうと思える
ということは覚えておきましょう。

そのように勉強できた方が楽しいですし、よく覚えることもできてまさに一石二鳥ですよ!

その3:インプットばかりして、アウトプットをしようとしない

これは割りとやってしまってる人が多いのではないでしょうか。

インプットとは具体的にいえば、単語帳を見て単語と訳を確認し覚えたり、まとめたノートを見たりすることです。
アウトプットとは、問題を解くこと全般が当てはまります。

これは勘違いしやすいことなのですが、
入学試験本番で必要なのは「アウトプットできる力」であって「インプットできる力」ではないのです。
問題を解くために必要なことをアウトプットできる練習を本番までにしておかなければ、入試本番で真の実力を発揮することはできません。

つまり、見るだけ読むだけ書くだけの勉強では、最終的な入学試験には通用しないということです。

にも関わらず、インプットの練習ばかりしてアウトプットの練習をしないまま受験を迎える人が結構多いんですね。
悲しいことにこのような人は、自分がやってきた努力の成果を十分に発揮できません。

必死に教科書を読んだり、ノートを見たりしたのに成績が上がらないという人は、アウトプットが足りていないことが問題かもしれません。

成績が上がらない人が気にするべきなのはアウトプットですよ!

つまり、覚えているかどうかの確認ではなく、思い出せるかどうかの確認が必要ということです。

具体的には、

  • 単語帳を眺めているだけではなく、自分でテストを作って単語から意味を思い出せるかを確認してみる
  • 数学の問題でわからない問題があれば答えを見ることで終わるのではなく、なぜその答えになるかを解いて確認してみる

と言ったのが例として上げることができます。

どちらもインプットとアウトプットがうまく組み込まれていることがわかりますね。

高校生クイズを2連覇するという快挙を果たした方も『必要な公式と解法まで思い浮かべられるかを確認した』と言っているようにアウトプットを重視しています。

高校生クイズ2連覇の東大生・伊沢拓司さんに聞いた暗記法

2016.06.29

皆さんも自分の勉強で、きちんとアウトプットができているか確認してみてくださいね。

次ページ:あなたの勉強は勉強した気分になっているだけかも!?