定期テストの復習って結局どうやればいいの?

こんにちは、ライターのセティーです。
今回は定期テストの復習の仕方を具体的にご紹介します。

復習をしない、もしくは間違い直しをするだけで満足していませんか?

今回は復習するタイミング、どんなやり方が効率的で本質的なのかを徹底解剖します!

記事の最後には定期テスト反省レポートの書き方をご紹介します。
模試の反省にも使えるのでご参考までに……。

定期テストの勉強の仕方についてはこちらの記事をご覧ください。

定期テストの復習の大切さ

復習とは、これまでに勉強したことを今後も勉強したてのように理解した状態に保つためにするものです。

しかし、「そりゃ復習した方がいいのは分かってるよ」とは思うものの、実際どうやって復習したらいいかがわからないなんてことはよくありますよね。

とりあえずパラパラと過去のテストを見返したり、「やりっ放しは良くないよな」と思いつつ、過去のテストをクリアファイルか棚から取り出してみたりする人もいるでしょう。

しかし、ただ漠然と読み直しているだけではあまり復習の効果はありません。

そういう私自身、定期テストを上手く活用できず無意味に貯めこんでいた時期もありました。

ですが、定期テストを後で述べる「正しい方法で復習する」ことで定期テスト勉強がより洗練されるのです。

定期テストの成績を上げることは模試・入試にも直結しますよ!

定期テストの復習の仕方

復習をし始める時期

復習はもちろん早い方がいいですね。可能であればテストが終わったその日のうちがいいでしょう。

しかし、定期テストの多くが回答を翌週以降に知ることになるので、なかなか復習しにくいですよね。

そのため、自分の答案が返されたらすぐに復習するといいでしょう。それまでは試験を解いている時に気になった項目や、明らかに目標に届かなかった分野の復習を教科書やノートを使って行ってください。

具体的な復習の方法

私は定期考査の復習を大きく2段階に分けて行っていました。

・どこが間違っていたのかの確認(間違い直し)
・次回は新たに何をするか(勉強法自体の見直し)

第1段階 間違い直し

これは非常に基本的な部分です。

具体的には
1.テストで間違えた場所を確認する
2.なぜ正解と異なるのかを理解する
3.わからない場合は質問するなどして解決する

と表にするまでもなくできている方は多いと思いますが、この基本的なことが重要です。

ここまでしなくても次の定期テストには関係ないことが多いかもしれませんが、高校で習う科目を勉強する大きな理由は志望校に合格することですので毎回細かい点まで注意してくださいね。

間違えたところを確認する際は、問題を解いている時の自分がどの程度自信を持って回答したかを思い出しながら行いましょう。

簡単に正解できると思っていたのに不正解だった場合は、「普段だったらできた問題だから大丈夫」と思わずにどこに勘違いやミスが生じたのかを具体的に考えてください。

反対に、そもそも間違っているだろうと思って回答した場合は、なぜ問題を解いている時に正しい答えがわからなかったのかを勉強法にも着目して考えましょう。

東大現役合格者のテスト勉強の復習の極意です!

次ページ:極意とは……