これで定期テストはバッチリ PDCAサイクルを使った勉強法

はじめに

皆さんの中で、定期試験をきちんと対策しているつもりでも、テストの成績が安定しない人、結果に出ない人はいませんか? 

そんな人は今回紹介するPDCAサイクルを使って、受けたテストを最大限次に活かし、定期テストの成績を伸ばす方法を身につけましょう!

PDCAサイクルって?

皆さんは「PDCAサイクル」という言葉を聞いたことがありますか? 

あまり馴染みのない言葉だとは思いますが、それもそのはずで、一般的にはビジネスの世界で使われる言葉なのです。
 
「PDCA」とは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字を取ったものです。また、「サイクル」は循環させることを意味します。

よって、PDCAサイクルは、P、D、C、Aの4つの行動を順番にこなすことを指します。PDCAサイクルを意識的に回すことができれば、仕事を潤滑に進めることができると言われています。
 

では、具体的にみなさんの勉強において、Plan、Do、Check、Actとは何かを考えていきましょう!

PDCAを定期テストへ活かす!

定期テストに限定してPDCAサイクルの活用法を見ていきましょう! サイクルをどのように回せば良いのでしょうか?

Plan(計画)

・目標を設定し、達成のために何をするべきか考えて、計画を立てる。

まずは定期テストで点数を取るための戦略を立てましょう。

戦略には、5W1Hを意識することが基本ですが、試験対策であれば特に「What(科目や単元)、When(テスト何日前)、How(勉強方法)」に注目して計画を立てると良いでしょう。
 

しかし、テスト対策においてはまだ不十分です。計画は自分のレベルに合わせて柔軟に立てることが必要です。また、裏紙でも良いので、計画表を必ず作りましょう。

計画表を作る際のポイントは、以下の4つが考えられます。

 ①試験範囲をきちんと押さえること
 ②その日にやることを具体的に決めること
 ③予備日を作っておくこと
 ④目標を大きく決めておくこと

Do(実行)

立てた計画を踏まえて、なるべく忠実に行動する。

計画に沿って勉強を進めましょう! 

もし計画に追いつけないようであれば修正が必要ですが、やみくもに変更してしまっては、初めに考えた戦略が水の泡となってしまいます。

予定の8割がこなせているようであれば、基本的には計画表通りに実行しましょう。
 
また、その日の勉強レビューも忘れずに!

①計画通りにやったか ②不十分な部分がないか ③勉強時間は足りているか

などを毎日しっかり記録しましょう。

計画表に直接記録するもよし、あとで見やすいように別で用紙を準備してもよし。

とにかく自分がやりやすい形で勉強と記録を、テストが終わるまで続けていくことが大切です。

Check(評価)

・当初の計画に沿って勉強でき、かつ得点が上がったかを自己評価する。

とうとうテストが返却されたら、次は自分の勉強法を評価します。

このCheck段階がPDCAサイクルの中で一番大切だといっても過言ではありません。みなさんの入試本番まで、勉強をどんどん改善していくためのCだからです。

まず、振り返るポイントとしては、以下の4点です。
①計画はテストを意識した十分なものであったか
②計画に基づいた試験勉強ができていたか 
③勉強時間はしっかりと確保できていたか
④目標の点数と実際の点数の差の原因は何か

それぞれに、良かった点と、悪かった点を分析して、しっかり書き残しましょう。

Act(改善)

・Checkから見えた課題の解決策を考え、今後に活かす。

Checkの反省を次の定期テストにつなげるための段階です。分析した項目のうち、続けるべき勉強とやめるべき勉強、そして改善が必要な勉強がどれかを分析しましょう。
 
先ほどの評価のポイントに沿って改善をするならば、
「計画は少し詰めすぎたからもう少し緩めの計画にしてテスト対策の開始を早めよう」
「計画に沿って試験勉強は一応できたからこれを続けよう」
「勉強時間は確保できていたけど集中できていなかったから勉強場所を変えよう」
「テストでは時間配分を間違えたから難しい問題であまり悩まないようにしよう」
など、どうすれば改善できるかを具体的に考えましょう。

次のページでは、数学の定期テストの点を上げるために実際にPDCAサイクルを使ったときの応用例をご紹介します!

次ページ:PDCAを応用してみよう!