【机じゃ集中出来ない人必見!】机以外でも勉強できる、勉強法4選

goukaku-lab_2015-07-09_09-45-03.jpg

みなさんは、毎日どれくらい机に向かって勉強していますか?
普段の生活の中で机に向かって勉強する時間を見つけるのはなかなか難しいですよね。

実は、机に向かってやるものだけが勉強ではありません
そこで今回は、机に座らないでできるいろいろな勉強法を紹介します!

通学学習法

「学校まで一時間以上電車・バスに揺られなきゃならない!」「塾に通っているから、やたらと電車使っている」なんて人も多いのではないでしょうか。運良く座席に座れて単語集や参考書などが開ければまだいいですが、満員電車で目的駅までたどり着くのがやっとという場面もあると思います。

そんなとき役に立つのがipodなどの携帯音楽プレーヤー。単純に音楽を聴くだけではもったいない!リスニング教材やCDなど、外国語学習のためのコンテンツは充実しています。

満員電車で本が開けないときなどは、リスニングに集中してみてはいかがですか?

ペタペタ学習法

暗記物ってつらいですよね。頭や手を使わずに淡々と知識を詰め込む作業は眠くなること間違いなし。また、できれば机では頭を使って手が動かす勉強がしたいですよね。

そんなときは家の壁に英単語リストや元素の周期表などをペタペタ貼ってしまいましょう。普段目につくところに貼っておけば、何度も見るうちに記憶に定着するはずです。

定番はトイレの壁などですが、東大生が実践していたものの中で以外に好評なのが、ベッドの上の天井。休憩時、ベッドの上で寝転がれば体を休めながら暗記できます。

他にもたくさん有効なスペースがあるのでぜひぜひ試してみてください。

お風呂学習法

湯船に浸かってリラックスするのもいいですが、リラックスしながら勉強できればもっといいですよね。

濡れても使える単語帳を知っていますか。これがあれば、お風呂の中でも英単語を覚えられます。その日覚える分だけ持ち込んで、覚えるまでお風呂から出ない等、ルールを決めれば、確実に覚えられるのでオススメです。

ただし、のぼせないように気をつけてくださいね。

ゲーム学習法

最後に紹介するのがこの、勉強法。

みなさんが子供の頃一度はやったであろうTVゲーム、最近は携帯ゲームが充実してきていて、大人もはまっていますよね。そんなTVゲームで勉強できるとしたらどんなに楽しいことでしょうか。スキマ時間にも、勉強の合間の息抜き感覚で楽しめますよね。

合格サプリがおすすめするのはニンテンドーDS用ソフト「詳説日本史B・詳説世界史B 総合トレーニング」です。山川出版社発行「詳説日本史B」「詳説世界史B」の教科書に準拠しており、教科書をDSの画面で実際に読むことができます。そして、出題形式が三種類ある練習モードとテストモードで知識の確認することもできます。歴史に関するミニゲームもあり、これなら気軽に勉強することができますね。

実際に、利用してみました。

「詳説日本史B 総合トレーニング」

東京大学 文科一類一年 N・Yさん
受験生的視点から見るとかなりいいと思います。「教科書読まなくちゃ…でもいつも最初の数ページで眠くなるんだよね…。」といった人でも、このソフトを利用すれば読みたい章や節を指定してささっと抵抗なく読むことが出来ます。

また、出題形式も四種類あって多方面から知識の確認ができます。解答は穴埋めや一問一答に関しては手書き入力で、漢字もきちんと覚えることが可能です。

日本史となかなか仲良くなれない人、ゲーム感覚で基礎を固めて見たい人やまだ受験まで時間のある高校一、二年生に特にオススメです!

「詳説世界史B 総合トレーニング」

東京大学 法学部三回生 N・Tさん
このソフトを実際にやってみて、とにかく自分の受験勉強期にこのようなソフトがあればどれほど助かっただろうかと感じました。

僕は高校時代から山川出版の世界史参考書を使っていたのですが、やはり世界史を覚えるのには反復学習が必要で用語集がぼろぼろになるまで使いこみました。

しかしこのソフトがあれば、教科書的に使えるだけでなく実践的な問題もこなすことができ、はるかに効率的に学習することができます。

これから世界史を学び始める人にも、発展的に学習したい人にもお奨めのソフトです。

終わりに

いかがですか?
ここで取り上げた勉強法以外にも日々の生活の中に勉強をするチャンスはいっぱいあります。みなさんも自分だけのユニークな勉強法を見つけてみてくださいね!