勉強アプリ「ターゲットの友 for 1900」徹底レビュー!

Image uploaded from iOS (1)

勉強アプリ「ターゲットの友 for 1900」とは?

「ターゲットの友 for 1900」は旺文社から出版されている英単語帳「英単語ターゲット1900」の連携アプリです。

ターゲット1900は国公立2次試験・難関私大試験で頻出の英単語を出る順にパート別・セクション別に区切っています。

アプリ「ターゲットの友」は、その通りターゲットでの学習を手助けするアプリです。

では、どんな機能があるのか見ていきましょう!

勉強アプリ「ターゲットの友 for 1900」の機能レビュー

ホーム画面

ターゲッット

ホーム画面はこのようになっています。

なかなか意識することがしにくいセンター試験までのカウントダウンがあるのは受験生にとって嬉しいですね。

①ホームボタン

ホーム画面にはカレンダーが設置されています。

「今日の5問テスト」に取り組んだ日は黄色く塗られ、リスニングに取り組んだ日はヘッドホンマーク、全国ターゲット選手権に取り組んだ日はトロフィーのマークが表示されます。

②英語音声チェックボタン

英語音声チェックボタンでは「ターゲット1900」の単語のリスニングをすることができます。

③全国ターゲット選手権

単語テストに挑戦することができます。

④マイデータ

単語テストの挑戦状況、今日の5問テストの達成状況を見ることができます。

プロフィールなどの登録情報の変更はここからです。

⑤設定ボタン

アプリのグレードアップやサウンドの設定ができます。

今日の5問テストの実施

1セット5問の単語テストが1日に2回実施されています。

朝は5:00〜11:00、夜は18:00〜24:00に各5回チャレンジできるようになっていて、1日に全50問クリア可能です。

わからない問題があったら「わからない」ボタンを押しましょう。正解が表示されて、その問題は次回の5問テストに優先的に再度出題されます。

Section1から順に、1900問を網羅し終わったら2週目、3週目となっていくので、完全にものにしていきましょう!

5問テストに挑戦した日は、ホーム画面のカレンダーが黄色く塗られます。

毎日取り組んだかどうかが一目でわかるので、コツコツ続けることができそうですね。

英語音声チェックをしてみよう

「ターゲット」に掲載されている単語の音声チェックをすることができます。

単語帳をただ眺めているだけではなかなか覚えにくい単語もありますよね。そんなときは音声を聞いて耳から覚えていきましょう。

1個単位から単語を選んで聞くことができるのも魅力的です。

1900個全てのチェックが可能なので、どの単語も漏れがなく覚えることができますね。。

全国ターゲット選手権に参加してみよう

全国ターゲット選手権は、ターゲットに出てくる単語の単語テストです。

最初はまずルーキーリーグしかできません。

パート別よりさらに細かいセクション別になっており、毎回20問テスト(4択方式×16問&スペリングチェック×4問)という方式です。

図1
4択問題は英→日、日→英それぞれ8問ずつになっています。

「ターゲット」に合わせたセクション別の単語テストなので、アウトプットに最適ですね。

1日に何回も挑戦することが可能です。

全てのセクションでランクBをとると、次のメジャーリーグに挑戦できます。

どんどんこなして、リーグをあげましょう。

スポンサーリンク

勉強アプリ「ターゲットの友 for 1900」を使ってみた感想

良かった点

スキマ時間に使いやすい

「今日の5問テスト」は毎日勉強するということ、そして短い時間で取り組めるということからスキマ時間での勉強に最適です。

ちょうど通学の時間にチェックするのに良いのではないのでしょうか?

ターゲット利用者にはこれ以上ない”友”!

ターゲットを効率よく覚えるのに適しているアプリなので、ターゲットを普段から利用している人にはとてもいいアプリです。

単語帳は「1個のものを完璧にする」というスタンスが大切になってくるので、このアプリを活用していくとより効率よく覚えることができるのではないでしょうか。

単語帳だと重みも厚みもありますが、アプリならスマホがあればいいので、満員電車の中でもアプリを開いて隙間に勉強ができそうです。

改善点

リスニング機能に使いにくいところがある

せっかくのリスニング機能ですが、これが「ターゲット」がその場にないと使いにくい仕様になっています。

発音を確かめたい時に、Aから始まる順に並んでるならまだ探しやすいのですが、ターゲットの掲載順に並んでいるので、かなり探しにくいです。

ABC順に並んでる仕様、そして単語を検索できるシステムがあると良いですね。

よりたくさんの機能を使うのには課金が必要

リスニングのバリエーションアップや苦手特訓モードの解放にはアプリ内課金が必要です。

ターゲットを購入していると安くなる、等の措置はあってもいいかもしれませんね。

勉強アプリ「ターゲットの友 for 1900」はこんな人にオススメ!

選んだ単語帳が「ターゲット」であれば、絶対にこのアプリを使うべきでしょう。

単語帳で見て覚えるインプット、アプリでより実践的に単語をアウトプットすることができます。

そしてスキマ時間を有効につかいたい人は、「今日の5問テスト」で朝と夜、通学時間や空いた時間にできるので活用しましょう。

PICK UP!

スタディサプリ[PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

今なら無料登録で1ヶ月間無料&もれなくAmazonギフト券2,000円がもらえる!!