【東大生・京大生100人アンケート】受験勉強と部活・恋愛の両立の秘訣

goukaku-suppli_2016-02-13_14-39-27.jpg

受験勉強だけに高校生活を費やすなんて、もったいない!

高校生活は、酸いも甘いも体験できる貴重な思春期の一貫。
部活だって恋愛だって最大限楽しみたいもの。

しかし、「いつまで部活続けていいんだろう?」「受験期間に恋愛なんてしてていいのかな?」と思い悩んでいる人も多いはず!
そこで今回、受験戦争を戦い抜いた東大生・京大生100人にアンケートを行い、受験勉強と部活・恋愛の両立の秘訣を聞き出しました!
これを読んで、潤いある受験生活を満喫しましょう。

Q1.いつ部活を引退した?

いつ部活を引退した?
東大・京大生の四割以上が高校3年生になっても部活を続けていたという結果が!
どうやら東大生・京大生の多くが部活と受験勉強をうまく両立していたようです。

では、両立の秘訣を聞いてみましょう。

Q2.部活と受験勉強、両立の秘訣は?

部活と受験勉強、両立の秘訣は?

1位:どちらにも死力を尽くす

・部活と受験勉強の両立。最大の秘訣は「部活と勉強どちらにも死力を尽くす」こと。「どちらかの力を抜くと、甘えは伝染します」(東大経済三年 女)
・「どちらも全力で取り組むと、メリハリができて相乗効果が生まれます」(京大工二回 男)

自分の好きなことに熱中すると、勉強への意識も高まります。
勉強が不安だからと言って、部活の力を抜かないように!

2位:学校の授業を集中して聞く

「3年生の6月に部活を引退するまで、学校の授業を頑張るだけで合格できました!」(東大理二回 男)
学校の授業だけで合格できた、という人も多いようです。

3位:隙間時間を無駄にしない

「常に早読カードをポケットに入れ、部活の15分休みや着替えの時間も無駄にしなかった」(東大工3年 男)という強者も。

4位:1日のノルマを作り、絶対守る

1日のノルマを作り、絶対守ることは部活をしていない人にも効果抜群です。
自分で決めたノルマを守る習慣を身につければ、合格へグッと近づきます。

他にも…

・浪人を経験した人からは「部活が充実したって思えれば切り替えもうまくいくし、仮に浪人したって後悔しないよ!」(東大文Ⅰ一年 女)
・「受験は最悪もう一回できるが、部活は一生に一回、部活で悔い残らないようにするのが一番」(東大文Ⅱ1年 男)
という意見も。

部活が受験にプラスになるもマイナスになるも、あなたの気持ち次第。
部活を言い訳にせず、今自分ができることを考えてみましょう!

次ページ:受験期、彼氏彼女はいたのか?