恋愛を制すものが受験を制す? A君とBさんの、受験と恋愛と勉強の話

goukaku-lab_2015-06-25_12-01-42.jpg

受験生にとって「恋愛」ほど、頭を悩ますものはないでしょう。どんなに勉強に打ち込んでいても、人を好きになってしまうんですよね…。

「いい恋愛」とはなにか。
「だめな恋愛」とはなにか。

それを知ることで、「恋愛」とうまく付き合うためのヒントが見えてくるかもしれません。

それでは現役東大生であるA君とBさんの恋愛を見ていきましょう!

ケース1:A君(21)の場合

~遊び続けた中学時代~

都内有名私立中高一貫校を経て東大進学を果たしたA君。テニスラケットを抱えて颯爽と現れる姿はまさにさわやかスポーツマンといったところ。しかし彼の口からは、
「中学時代の俺は腐ってました。」
との意外な言葉が。

「あのころは言い寄ってくる女の子が多くて、何も考えずに結構たくさんの女の子と同時並行で付き合っちゃったりしていました。ある日突然、そんな毎日が空しくなって、一方的に全員と別れたんです。そしたらすごく叩かれて(笑)。もう女なんてこりごりだと思いましたね。」

その後はとにかくテニスに打ち込む毎日だったそう。

~現在の彼女との出会い~

そんな時に出会ったのがA君の現在の彼女。

「彼女は友達の友達だったんですが、『遊んでいる』とか、いろいろ悪い噂は聞いていて…。最初は警戒していましたね。だけどだんだん、彼女のまっすぐな面、脆い面、つらい過去等を知り、気がついたら彼女を幸せにするのは自分しかいないとまで考えるようになっていたんです。」

その後、A君は彼女と順調な交際を続けるが…。
「高三の秋、彼女の成績がどんどん下がっていったんです。その頃は二人とも受験で悩んでいて、お互いの存在を逃げ場にしている部分もありました。自分は彼女にとって足かせでしかないんじゃないか。そう思い、悩みましたね。」

一度は別れることも考えたが、
「とことん彼女と話し合い、自分たちだけのルールを決めました。携帯メールは一日5通までとか、デートは1週間に1回までとか。逆に、お互い成績が上がるとプレゼントをあげたり…。」

そんな二人の受験結果は…
「彼女とは、東大で念願の同じクラスになりました(笑)。」
と、うらやましい限り。

~まず彼女に会いに行き、その後徹夜で勉強すればいい~

そんな幸せいっぱいのA君に、受験生へのメッセージを聞いてみた。

「一人の女を幸せにできないようじゃ、たとえ受験に勝ったとしても、その後たいした人生を送れるはずがない。志望校に合格することも、彼女を幸せにすることも、どちらも自分の人生を豊かにするためのもの。受験と恋愛の狭間で僕もいろいろ悩みましたが、悩んでいる暇があったらまず彼女に会いに行って、その後徹夜で勉強すれば良い。そう思いますね。」

次ページ:Bさんの恋愛事情