親に部屋探しを任せるなら絶対に伝えておきたい2つのこと

goukaku-suppli_2016-02-10_12-32-22.jpg
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

はじめに

これからの受験生は入試に合格発表、入学手続きと大忙し。そんな受験生の方々の中には一人暮らしのお部屋探しを親に任せるという方も多いのではないでしょうか。

親に部屋探しを任せるなら、成約前に事前に伝えておきたいポイントを紹介します。

賢い部屋探しについてまとめた記事もぜひ併せて見てみてください!

おトクで賢いお部屋探しの進め方

スポンサーリンク

問い合せる不動産屋さんは、仲介手数料半月分のところに!

仲介手数料は、物件ではなく不動産屋さん次第!

不動産屋さんは物件の売買・賃貸契約を仲介し、その仲介手数料を利益として活動しています。

賃貸契約であれば、基本的に各不動産屋さんごとに家賃に対する仲介手数料が、最大家賃の1ヶ月分という範囲内で決まっていて、高いところだと当然のように高い手数料を取られてしまいます。

同じ物件を同じ条件で契約しても、仲介手数料の違いで、数万円も高くつくことがあるということです!
</span
訪問する不動産会社の仲介手数料を事前に確認した上で問い合わせることが大切になってきます。

現在合格サプリでは、仲介手数料半額で部屋探しができるキャンペーンを実施中です。ぜひこちらの記事もご欄下さい!

 

人によって好みが分かれる条件についての希望を伝えておく

もう1つは各人の好みによって異なるにもかかわらず、家賃に大きな影響を与える2つの要素についてきちんと希望を伝えておくということです。

これは、
①学校の近く or 少し離れたところ
②バストイレ別 or ユニットバス
です。

みなさんの好みに沿った部屋を選んでもらえるよう、しっかり親に伝えておきましょう。

希望条件①:学校近く or 少し離れたところ

学校近く

学校の近くであれば通学に時間がかかりませんし、友達がよく来てくれれば一人暮らしの寂しさも無くなります。

その反面、友達たちの溜まり場になりやすく、勉強時間など自分の時間が十分にとれない、部屋が汚れる、ホームパーティなどが増えて結果的に光熱費が割高になるなどのデメリットもあります。

少し離れる(片道30分以上が目安)

大学から少し離れた物件であれば、家賃が安いことが多く物件のバリエーションも増えてきます。

一方、そういった物件で一人暮らしをすることになると通学が億劫になってしまったり、友達を家に呼びにくくなったりするといったデメリットもあります。

希望条件②:バストイレ別 or ユニットバス

バストイレ別

バストイレ別であれば、お風呂を広く使うことができ、身体を洗うスペースも十分にあるので、ゆっくりと入浴することができます。また、トイレットペーパーに水がかかりません。

その反面、バストイレ別だと大体5,000円ほど料金が高くなること、バスとトイレの2つを別々に掃除しなければならなくなり掃除の手間が増えることがデメリットになります。

また、バストイレ別で独立した洗面台がない物件を選んでしまうと、コンタクトの着脱や洗顔、歯磨きなどを鏡のないキッチンですることとなり、実際に生活してみると思っていた以上に不便だったりします。

ユニットバス

ユニットバスは料金が安いですし、掃除もバスとトイレをまとめて、シャワーを使って掃除できるのでこまめに掃除するのであれば、非常に楽だと言えます。また、トイレとバスが一体になっているため、同じ専有面積で比べると、バストイレ別より居住スペースが広くなっています。

その一方、トイレのタンクの裏など水滴が残ってしまう部分が多くカビが生えやすいので、掃除をサボっているとすぐにお風呂がカビだらけ…なんてこともありますし、誰か他の人が入浴中であればトイレに行くことができません。また、入浴直後にトイレに行くと足が濡れてしまうという難点もあります。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。
今回ご紹介したポイントを親にしっかり伝えて、希望通りのお部屋探しを見つけてください!

合格サプリではLINE@を通じて、さまざまなお悩みにお答えしています。お気軽にご相談ください!
新生活応援LINE@バナー

PICK UP!

Z会通信教育[PR]

学力の土台となる「読解力」「基礎力」の養成に役立つ2冊セットを希望者全員にプレゼント。
難関大合格に圧倒的に強いZ会から、夏限定の提案です。

「学力が伸びた!」といえる夏にするために、ぜひご活用ください!