徹底調査! ひとり暮らしの大学生の実態とは?

analysis-1841158_1920

今回は東京で一人暮らしをしている大学生の実態を調べてみました。
あくまでも東京のみの話ですが、一人暮らしを始める際にはもちろん、現在一人暮らしをしている方にも参考にしていただけたらと思います。

一人暮らしをしている大学生の割合は?

そもそも東京の大学生の一人暮らしと実家ぐらしの割合はどのくらいなのでしょうか。
スクリーンショット 2017-02-25 13.22.26

実家暮らし 40%
一人暮らし・寮・その他 60%

というアンケート結果から見られるように、一人暮らしをする人のほうが多いですね。
中には東京のはずれの方や、神奈川、千葉など通える範囲の人でも一人暮らしを始める人もいますし、逆に静岡から新幹線で通っているなんて方もいます。

一人暮らしであると、通学にかかる時間が少なかったり、帰宅時間などの時間に融通が利いたりというメリットがあります。
その反面、家事を自分自身で行わなくてはならず、時間を取られます。自炊・洗濯・掃除など、普段から学校やサークル、課題、バイトなどに追われて時間のない大学生にとって溜まっていく家事は大変なものです。

一人暮らしの大学生はどんな部屋?

家賃は?

東京で一人暮らしをする大学生の家賃の平均は63000円
バス・トイレ別、オートロック、駅近などの好条件を足していくごとに値段は上がります。
また男女でも平均価格は違ってきます。

東京で一人暮らしをしている大学生はどんな部屋に住んでいるのでしょうか。

大学生の一人暮らしの部屋の広さは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-17-15-03-07

多くの大学生が6畳〜の部屋に住んでいますね。
部屋の間取りタイプは、ワンルーム(キッチンと居室が一体)・1K(キッチン+居室)がほとんど。
ワンルームか1Kかによっても実際に使える部屋の面積は変わってきます。

選び方

男女でも選び方の差はでてくると思いますが、基本的に選ぶときのポイントは
・立地
・大きさ
・バス・トイレ別であるか
・築年数
・家賃
などになると思います。

選び方についてはこちらの記事を参考にしてください。

お部屋探しで損しないために知っておきたい基礎知識まとめ

2016.02.14

大学生の一人暮らしの部屋のレイアウトは?

一人暮らしの大学生へのアンケートでレイアウトや内装についてこだわりは?
回答として
・部屋のインテリアの色を統一している
・殺風景にならないように観葉植物を置いている
・機能性や収納に気を使っている
・雰囲気を統一している

などの意見がありました。
せっかくの一人暮らしなので、帰りたくなるような素敵なお部屋にしたいものですね。

通学時間

徒歩・自転車・電車を含めて20分前後が目安となっています。

距離に関しては、大学の近くがいいという人や大学からすこし距離があるほうがいいという人など好みになってきます。
(統計などではありませんが、私含め私の周りの大学生は1度大学から遠めの駅に住んでいたが大学近くに引っ越すという人が多く見られます。)

一人暮らしの大学生の生活費はいくらくらい?

収入

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-16-08-39
仕送り額は家賃や光熱費など固定でかかるものは省いています。

仕送り、バイト代、奨学金、それぞれすべての人が受け取っているわけではありませんが、バイト代を主な収入源としている人が多いようです。
中には月に15万円もバイト代で稼いでいる人もいました。

奨学金については今回のアンケートではもらっている人は少数派、またもらっていても30000〜80000円とその差は50000円でした。

支出

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-10-16-13-21

大学生になると自分のために使うお金だけでなく、交際費などが増えてきます。
飲み会代や人へのプレゼント代、後輩とごはんに行った際に奢ったりと高校生のときにはなかった支出があります。
さらに交通費も高校生の頃よりも活動範囲が広がるため高くなると思います。

趣味に使うお金の平均では14000円ですが0円〜40000円とかなり開きがありました。
なにか特定の趣味にお金をかけたい人などはかなりきついですね。

また月あたりの趣味・娯楽のための支出が14000円ということですが、何か大きい買い物をしたり、時には旅行に行ったり、となるともっとお金が必要になります。

一人暮らしの大学生の食事はどうしてるの?

一人暮らしの大学生の1ヶ月あたりの食費平均である28000円以内に収めるには1日あたり930円にしなければなりません。
1日930円と聞くと多いように感じますが、例えば学食で1番安いうどんを200円で毎食食べても1日600円。
友達と外食したり、すこし甘い物が食べたくなってお菓子を買ったり、それ以外にも使っていますよね。
そう考えるとなにかときつい金額に思えてきます。

自炊派

アンケートによると一人暮らしをしている大学生のほとんどが自炊をしていると答えました。
生活のうちどのくらいの割合を自炊しているかはばらつきがでました。

1日の中でいつ自炊をするかは夜という回答が1番多の人が夜回答でした。
たしかに夜は時間が取りやすいので自炊がしやすいですね。

外食派

一般的には自炊の方が安く済むと言われがちですが実際のところはどうでしょうか。

人と外食する機会が多かったり、授業と授業の間の昼食は学食で食べたりと、なにかと外食の機会が多い人にとっては1度の自炊のために食材を買うことで食材が余るなど無駄がでてきてしまします。また作るメニューによっては自炊の方が高くついてしまうなんてことも。

自分にはどちらが向いているのかを考えて自炊と外食をバランスよくしていくのがベストですね。
中には1日1食になってしまうなんて人もいるようですが、食事はきちんと1日3食とりましょうね。一人暮らしで体調を崩すと大変ですよ。

大学生が一人暮らしをはじめる際に必要な準備とは…

家電

大学生の一人暮らしでは必要なものは限られてきます。実家にはあるものでも全てが必要不可欠というわけではありません。
まず生活をするために最低限必要なものを準備しましょう。

家電の所持率
1位 冷蔵庫
2位 洗濯機
3位 パソコン
4位 電子レンジ
5位 炊飯器

という結果になりました。
電子レンジや炊飯器よりも上位にパソコンがきています。大学生になり、課題のレポート作成、ゼミの発表準備から日常的に調べ物をする際など……様々な場面で必要とされるのがパソコンです。
電子レンジや炊飯器は特に一切自炊しない人にとっては必要ないのかもしれませんね。
今の時代、外食やコンビニなどがあるので、調理家電は必要なくなってきているのかもしれません。

あると便利な家電については
・アイロン
・ドライヤー
・電気ケトル
・掃除機
・テレビ

という意見がありました。
実家にはあるものでも全てが必需品というわけではありません。シャツは毎回クリーニングに出すことでアイロンを所持する必要がなかったり、男性はドライヤーが必要なかったり……
掃除機も他の掃除道具で代用できるので必需品とは言い難いです。

いかがだったでしょうか。
今回は東京で一人暮らしをしている大学生の部屋、生活費、食事についてアンケート結果をもとに平均を参考にしました。

東京での一人暮らしを始めるという方の参考になれば幸いです。