現役合格した東大生・早慶生が送る!夏休み前までの科目別勉強法

goukaku-lab_2015-07-23_05-13-35.jpg

高校3年生の皆さんは、いよいよ受験年度を迎えましたね。

1、2年生の皆さんも、少なかれ受験を意識し始めているはず。

さて、「1年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、受験にたとえて言うなら、まさに「受験勉強の計は4月にあり」なんです!!

4月から夏休み前までの時期は「基礎固めの時期」として、予定をきちんと立て、実行していくことが大学受験の成功に欠かせません。

そこで、今回は4月から夏休み前までの勉強法と現役合格者の勉強習慣をご紹介します。
ぜひこれを参考に、しっかりと勉強の基礎固めをしましょう!

英語

語い力をつけよう

英語の問題を解く上で基本となる語い力。単語は一度に沢山覚えられるものではないので、毎日継続して少しずつ覚えていきましょう。
繰り返し暗記することによってよりスムーズに記憶から呼びおこしやすくなりますよ。

文法の知識を固めよう

文法知識がしっかりしていないと、文法問題で点数が取れないだけでなく、長文読解や英作文を解く際にも支障が出て来ます。
薄いもので構わないので、文法の問題集を一冊仕上げ、あやふやなところは夏までに補強しておきましょう。

長文に慣れよう

長文読解が出来るかどうかで英語の得点率はかなり変わってきます。
長文読解は苦手な人が多いですが、コツコツ勉強を続けることが大切です。易しい問題から徐々に難しいものに取り組みましょう。
問題に出てきた単語や文法もしっかり復習しましょう。

数学

苦手分野を克服しよう

数学が苦手な人は、まず基本的な考え方を理解し、標準的な問題を解けるようにしましょう。
ただ全部が不安だから参考書一冊を全復習するとなると時間が足りなくなってしまうので、自分の苦手な分野を絞って優先順位をつけて計画的に学習しましょう。

問題演習で解答力をつけよう

弱点となる分野が少なく、数学が得意な人は、問題演習を中心に解答力をつけましょう。
難関大と言われる大学は、一工夫しなければ解けない問題が出題されます。
少しレベルを上げた問題を解いて本番に近いレベルの問題で考える練習を積みましょう。

高出題率の分野を復習しよう

入試で頻出の分野は、必ず得点出来るよう、復習しましょう。
微積やベクトルと空間図形を絡めた問題は頻出分野なのでチェックしておきたいところです。
特に微分法の公式はやった分だけ身に付くので、出来るだけ沢山の問題を解いて力を付けましょう。

国語

読解力をつけよう

現代文の問題を解く上で重要なのが読解力です。
読解力をつけるためには日頃から新聞を読んだり、毎日文章題を一題解いたりして読解力向上に努めましょう。
意味の分からない言葉などは、解き終わった後に意味を調べ、語い力も強化しましょう。

古文漢文の基礎を徹底しよう

古文や漢文の文法は夏までに徹底しておきたいところです。
古文は助動詞の意味や活用の仕方、漢文は頻出の句形などをしっかり復習しておきましょう。
また文章題もなるべく毎日解いて、古文や漢文の言い回しや文章のリズムに慣れていきましょう。

問題演習+αの学習をしよう

国語が得意な人は、知識と読解力をさらに磨いて、入試でどんな問題が出ても確実に得点出来る学習を心掛けましょう。
現代文では解答後に問題を要約したり、古文・漢文では辞書や参考書を駆使して問題文全体を品詞分解・口語訳してみましょう。

理科

化学の勉強法

化学が苦手な人は、基本に立ち返って教科書を読んでみましょう。
知識を整理する為に市販の穴埋め式問題集を活用してみるといいでしょう。
化学が得意な人は、化学全体から見た整理が出来るように化学Ⅰと化学Ⅱの内容の関連付けを行っておきましょう。

物理の勉強法

既習分野はテストを復習したり問題演習を行い、未習分野は授業を集中して受ける事が大切です。
公式は、意味をきちんと理解した上で覚えましょう。入試で出題率の高い力学・電磁気分野は得点源と出来るよう、繰り返し復習しておきましょう。

生物の勉強法

四月~夏までは、生物Ⅰ、Ⅱ全範囲の基本事項をしっかり確認しておきましょう。
市販の穴埋め式問題集を使用するのがおすすめです。大切なのは繰り返し整理して覚えていくことです。
また参考書や図説にも目を通して問題演習も少しずつ進めましょう。

地歴公民

日本史の勉強法

未習の分野は、授業を集中して聞き、既習の分野は、教科書や参考書で知識に漏れが無いか確認しましょう。
一通り流れが把握出来たら、基礎問題集で知識をアウトプットします。
解きながらあやふやな所は用語集や資料集を引き知識の定着をはかりましょう。

世界史の勉強法

教科書で太字になっている箇所に重点を置き、古代~現代までの大まかな流れを把握し大体の流れが頭に入ったら、細かい年代を知識と関連付けて覚えていきます。
ヨーロッパ史や中国史は図説や資料集などを駆使しその時代の周辺地域にも目を向けましょう。

地理の勉強法

まずは基本知識を徹底しましょう。
夏前はまだ過去問に手を付けずに、教科書の基本事項を全て確認し、その上で地名(都市名、山脈、河川など)や統計数値などを覚え、基本問題を行う際にはこまめに用語集を地図帳を調べた上で、頭に入れておきましょう。

公民の勉強法

まず基本事項を整理し、学習済みの範囲はセンター型の問題集で知識の定着をはかりましょう。
倫理は丸暗記するのではなく、時代背景や思想家の生涯なども読み、イメージの定着を!