夏のやるべき勉強法を英数国それぞれまとめてみた

goukaku-lab_2015-09-06_03-18-47.png

受験にとっての夏休み

授業の予習や復習、宿題に追われることなく好きな分野を好きなだけ勉強することができます。

しかし、夏の貴重な時間をうまく活用できなければ、ライバルたちに大きな差を付けられてしまいます!

夏に勉強すべきポイントをしっかり押さえて、後悔のない夏休みをすごしましょう。

基礎をしっかり固める

高校3年生にとって、この夏休みは基礎を固める最後のチャンスです。秋から本格的に始まる模試で良い成績を取れるよう、夏の間に基礎を固めましょう。

また、秋には体育祭や文化祭などのイベントが多く、1・2年生にとってもこの夏休みは基礎の復習に打って付けです。秋から周りに差をつけるために、基礎固めをしっかりしましょう!

数学

ほとんどの受験生は、秋以降はセンター試験や志望校の入試問題を解く「演習」に入ります。確かに、入試までに残された時間を考えると秋以降は演習をするべきです。

しかし、この演習で本当に力がつくのは基礎が出来ている人だけです。

基本的な公式は全て暗記できているか、教科書の例題レベルの問題はスラスラと解けるようになっているか、もう一度確認してみましょう。

英語

英語の基礎力といえば、英単語を思い浮かべる人が多いと思います。もちろん英単語の暗記は大切です。

しかし、より高得点を狙うためには、英語独特のイディオム表現に慣れる必要があります。

夏休みには、接続詞や、動詞と前置詞の相性など、普段あまり着目しないポイントを重点的に勉強し、熟語力を鍛えましょう。

一学期の授業で取り扱った教材やテストから熟語のポイントを見つけ出して自分だけの熟語ノートを作り、復習すると良いです。

国語

現代文の基礎は論理的な読解力です。読解力を身につけるためには、やはり慣れが必要です。新聞などを積極的に読んで、論理的な文章に多くふれましょう。

文章を読み終わったあとに軽く頭の中で要約する癖をつけると、さらに読解力が向上します。また、古文・漢文は古文単語・漢文の構文を暗記しておかないと秋以降の演習が辛くなります。

せっかく時間のある夏休みなのですから、覚えなければならない単語は焦らず繰り返し紙に書いて、一気に覚えてしまいましょう。

入試の形式に慣れる

入試問題は各大学で形式や傾向が全て異なるため、過去問を解いて慣れておく必要があります。

夏休み中に合格得点まで達しようと張り切らなくても大丈夫。問題の形式や傾向を知っておけば、これからの勉強法が変わってくるはずです。

どのような形で基礎力を入試に活かせるのかを知っておけば、自然と勉強も捗りますよ。

数学

志望校の入試問題のレベル、問題数、試験時間をおさえて、解答の戦略を立てましょう。試験日までの限られた時間を最大限活用するために、この戦略を立てるというのは数学に限らず全教科で大切なことです。

例えば、確率の問題が毎年出題されているのなら、「確率の問題を重点的に勉強する」という対策が取れますし、センターレベルの問題が多ければ、「基本的な定理・解法を復習する」という対策をとることができます。

英語

アクセント、穴埋め、語順問題など、どのような問題が出題されるのかをチェックしましょう。穴埋め、語順問題が多く出題されるなら、解答のカギとなる膨大な量のイディオム表現を夏のうちに徹底的に覚える必要があります。

志望校の問題形式と照らし合わせながら、自分は今何の勉強をすべきなのかを見極めましょう。単語力・熟語力がある程度身に付いてきた人は、長文問題に取り組んで実践的な読解力を磨きましょう。

国語

国語の問題では、出題分の文章量と、腫大問題の記述量を把握しておくことが、大切なポイント。これらを知ることなく、模試などを受験すると、文章を読むことや記述内容の推敲に時間を多く割きすぎて、全ての問題を解けないことがあります。

また、詳しく分析すれば、出題文でよく扱われるテーマを知ることができます。国語は差がつきにくい教科と言われています。夏のうちから様々な問題に触れておき、秋からの演習を効率よくこなしましょう。

模試の活用法

模試は試験当日だけでなく、その前後が大切です。まず、模試の前日に、問題を解く順番と時間配分を考えておきましょう。

得意な問題から解く、分からない問題は3分で諦める、など自分オリジナルの戦略です。当日、その戦略で失敗しても落ち込まないこと!

失敗を糧にまた新たな戦略を立て、入試本番で成功すればよいのです。

そしてもっと重要なのは、復習です。解答冊子を十分に活用して、失敗の原因をしっかり復習しましょう。

数学

模試では、一番の問題から解くのではなく、自分の得意な分野の問題から解くのをお薦めします。初めに「流れ」を作っておけば、苦手分野の問題に対しても気兼ねなく取り組むことが出来るからです。

日頃出来るはずの計算も模試では緊張して出来なくなってしまう人もいますが、こういった失敗や悔しい経験を模試でたくさん積んでおきましょう。模試の時に出来ないことは入試本番の時でも出来ないことだと考えると、自然と復習に力が入ります。

英語

知らない単語や熟語、間違えた文法を全て洗い出して覚えましょう。解答にはまとめて重要単語やポイントとなる文法が掲載されていることもあるので活用すると良いです。

長文問題はもう一度落ち着いて読み直してみましょう。読み飛ばした細かい文法ポイントまで復習すると次の試験に活かされますよ。

国語

前述の通り、模試で国語の問題に関して多くの受験生が陥るのが、時間配分のミスです。

模試は実力を知るチャンスなのですから、時間配分を対策して効率よく点数をとりましょう。また、古文・漢文で出題される基礎的な文法問題や、現代文の漢字書き取り問題は得点のチャンスです。

解答冊子の解説を良く読み、二度と間違えないようにしっかり復習しましょう。

おわりに

いかがでしたか?
夏休みを終えて、久しぶりに会った友達がとても賢くなっていた!ということがよくあります。
みなさんには、ぜひこの記事を読んで、有意義な夏にしてもらいたいものです。
夏を乗り切り、志望校合格まで走り抜けよう!