東大女子直伝!机周りを整理して、お部屋を綺麗にするための超簡単な10のテクニック

はじめに

新学期に向けて、部屋を片付け心機一転!

今回は受験生がよく陥りがちな「汚部屋」からの脱出方法をご紹介します!

皆さん、自分の部屋は整理整頓されていますか?整理整頓なんて時間の無駄だって思ったら大間違い。

部屋が汚いと、勉強のやる気が下がるだけでなく、物理的に探し物に無駄な時間を取られるようになってしまいます。

部屋が汚くて良いことなど何一つありません!

この機会に自分の部屋を一気に片付けてしまいましょう。

東大女子直伝!お部屋を綺麗にする簡単な10のテクニック

1.書類やファイルは一カ所にまとめる

学校でもらうプリントはインデックスで科目別に分けて一冊のファイルにまとめる事。沢山のファイルで荷物がかさばる事もないし、テスト勉強の時も移動時も一冊あれば完璧なのでとても楽です。

2.机の前にポスターを貼らない!

大好きなアイドルのポスターであっても、勉強しながらそれをチラチラ見れる環境では、集中することなどできません! 机の前に貼るのは避けましょう。代わりに目標や志望大学を書いた紙を貼っておくとやる気が出ると思います。

3.観葉植物を置く

植物の緑色には人をリラックスさせる効果があります。また、植物から放出されるフィトンチッドという物質には、リフレッシュ効果、消臭効果があります。

更に、観葉植物を置くことで心理的に部屋を汚しにくくなります。

4.漫画やゲームを机から離す

漫画やゲームなどの娯楽品は手の届く範囲にあるとつい手を伸ばしがちです。そういった娯楽品は机とは離れた所に仕舞いましょう。

取り出すことさえも面倒な場所にしまえば、更に効果は高まります。

5.必要以上の参考書はしまう!

使うかも分からない参考書を机の上に積み上げていませんか? 一度積み始めると、机の利用スペースがどんどん小さくなってしまいます。使う参考書を厳選するという意味でも、必要以上の参考書はしまいましょう。

いろいろな参考書に手を出すよりも、自分に合った一冊をしっかりとやり込む方が効率的に勉強できますよ。

6.机のマットを活用する!

化学の周期表や歴史の年表など、合間の時間を使って覚えたいものはどうしていますか?部屋の壁やドアに貼っておくのもいいですが、机のマットに挟むと見やすく、勉強中のふとしたときに見れて便利です。

また、1 日のTo Do リストや、短期・長期のスケジュールなどを挟んでおくと、計画的に勉強が進められるのでおすすめです!

7.充電の場所をリビングにする。

携帯電話の充電はどこにしていますか? 携帯電話は机やベッドの周辺など、身近な場所で充電しておくと便利でよいのですが、勉強に集中したいときには少し邪魔ですよね。

そこで、携帯電話の充電場所と勉強場所の距離をとってみましょう。

自分の部屋ではなく、リビングなど家族との共有空間に充電器を設置して、勉強に一区切りついたら携帯を取りにいくという風にすれば、着信やメールが勉強の邪魔になることもなくなります。多少返事が遅くなっても友達は理解してくれるはずです。

8.使い終わった紙は裏紙置き場に!

学校で配られる大量のプリント類は、裏紙置き場を作って、そこに入れておきましょう。ちょっとしたメモや計算用紙になりますね。ただ、紙が溜まりすぎて机を侵食するようなら本末転倒! ストックが増えてきたら捨てることをお忘れなく!

9.ゴミ箱を大きくする!

ゴミ箱が小さいと、片付けようという気はなかなかおきません。

ゴミ箱を大きくして「部屋をきれいにするんだ!」という意識を高めましょう。

そして、不必要なものはこまめにどんどん捨てていきましょう。部屋が驚くほど綺麗になりますよ。

参考までに、意思決定に関する理論の一つとして「ゴミ箱モデル」という有名なものがありますが、そこでも指摘されているように、意思決定は時間をかけるよりも仮説̶検証を繰り返していくことが大切です。

すなわち、捨てることを迷ったりゴミ袋を取り替えるのに時間をかけるよりも、ゴミ箱を大きくしてどんどんゴミを捨てていった方が良い結果(綺麗な部屋)を得られるということです。

10.もうひとつ小さな机を用意する

机の上に必要最低限のものしか置いてないのに、作業スペースが限られていて「もう少しゆったり勉強したい!」と、思う人も多いのではないでしょうか。これに対して、サプリ編集部では「机以外に小さい机を1 つ別に用意して、そこに小物類は全て置いてしまう。」という人が多かったです。

メインの机の上は電気スタンドだけにしてすっきりさせて、それ以外のものは小さい机の方に移してしまえば、メインの机がかなりスッキリしますよ!

最後に

いかがだったでしょうか?

小さな改善が、やがて大きな変革につながることは往々にしてあります。

部屋の整理に加えて、掃除も効率よくこなしてしまいましょう。

掃除の始め方としては「一度に一気に」やること。そして、ルールを決めて不要なものはどんどん処分(捨てる)することです。

ルールですが、3カ月以上使用しなかったものは無条件に処分。

思い出の物などで処分に迷うものは、一時保管できるダンボールにしまっておいて今後3カ月以内に使用する機会があったら復活、できなかったら処分しましょう。

よく「これはどうしても…」といって、なんでも残しておく人がいますが、それは絶対にダメです。それでは、片付けなどしているうちに入りません。

長期間使っていなかったものは思い切って捨てること!! 

今後の片付けの時間を減らすために、二度と片付けない部屋、すなわち、無駄なものが一切ない部屋を作りましょう。

以上が編集部オススメの掃除テクです。

利用できるものは利用して、煩雑なことに手間を取られない受験生活を送りましょう。




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート