センター数学で時間が足らない!そんな時の時間短縮訓練法

goukaku-suppli_2015-09-13_07-39-18.jpg

多くの受験生が挑むセンター試験数学ⅠA、ⅡB。

センター数学の大きな敵は、なんといってもその短い制限時間ではないでしょうか。

この記事では、裏ワザのようなテクニックではなく、「速く解ける実力をつけるにはどのような勉強をすべきか」を、紹介しています。

この記事を読み、時間に余裕を持って解き終える実力を身につけましょう。

センター数学では多くの単元が出題されますが、それぞれの単元の弱い部分に対して以下の訓練をすれば解く時間がグッと縮まるはずです。

ぜひ実行してみてください。

①解法を一瞬で思いつけるようにする!

最新学術研究論文×難関大学生の経験 スーパー暗記術

時間短縮法の一つは、解法を思いつくまでの時間を短くすることです。

センター数学では似たような流れの問題が出題されることも多いです。

そのため、問題文だけを読んでその問題の解法が一瞬で思いつくように練習しましょう。

例えば二次関数で、平方完成をして二次関数の最大値を求める問題を解いたとします。

そのとき、同じ問題を今後見た場合にも「平方完成すれば解けるな」ということをすぐ思い出せるように練習しておきましょう。

さらに、思い浮かんだ解法を実際に少し声に出してつぶやいてみると、より定着効果がアップすると思います。

このやり方は、解法を思いつくようにするだけなので、スキマ時間などにも手軽にできます。

ほとんど問題ごと覚えてしまって勉強の意味が無いと感じるかもしれません。

しかし、似たような問題がよく出題されるセンター数学では、むしろ覚えてしまうほうが有利です。

②計算速度を上げる!

計算能力は当然重要です。

計算が遅い原因は、無駄な手順を多く踏んでいたり、経験が不足していることです。

計算ミスをしない程度に無駄を削ったやり方で解き直し、慣れていくことで計算能力の向上が見込めます。

計算力を上げることのメリットはこれだけではありません。

計算速度を上げると、当然問題を解く時間が短くなります。

そのため、普段の勉強において解ける問題の数も増え、勉強の効率が向上することにもつながります。

計算力はぜひ向上させましょう。

41MC5V5lZgL__SX352_BO1,204,203,200_

具体的な計算テクニックを扱った本として、『合格る計算』(文英堂)などがあります。

この本はセンター数学に特化した計算の本というわけではありませんが、計算の注意点を数多く紹介した良い本です。

③図の書き方、用紙の使い方を見直す!

盲点になりがちですが、図形問題で図を書き間違えたり、計算過程を書く場所が足りなくなることも大きな時間のロスの原因になります。

まず、事前に用紙の使い方を決めておくことが必要です。

センター試験の問題用紙の余白は小さいです。

そのため、余白の中央に縦線を引いて左右2つの部分に分け、無駄なく余白を使うようにするのがおすすめのやり方です。

また、図の書き方のコツも押さえておきましょう。

例えば、円に内接する三角形を描くとき、円を書いてから三角形を描くとキレイな図ができます。

以上の3つの訓練法を抑えて、センター数学を無理なく突破しましょう!