【私立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

 

私立で最も学費が高いのは川崎医科大学で、なんと6年間で4,550万円!

【私立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

一方、学費が最も高いのは、川崎医科大学で、その額なんと4,550万円(6年間)。

1年間に学費だけで、約700万円のお金がかかるんです。
奨学金や学資ローンを組み合わせたとしても、誰にでも支払える金額ではありませんよね。

私立医学部は学費に加えて、教材費や寄付金もかかる

更に医学部に入ると、学費以外にも様々なお金がかかります。

医学部の教科書は高い!

【私立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

まずは教材費。これは授業で使う教科書などにかかるお金です。
医学部は、他の学部と違い、教科書も専門的なものばかりなので、1冊1〜2万円と非常に高額です。

こういった教材費だけで、6年間で平均60万円程度かかると言われています。

支払う義務はないが、多くの家庭が支払う寄付金

また、寄付金も支払う義務はありませんが、実際多くの家庭が数万〜数百万、払う人の中には数千万円の寄付金を支払う家庭もあります。

学費が出せなくても諦めないこと!

今回紹介したように、私立医学部は学費や教材費、寄付金などでかなり高額な費用がかかるということは事実です。

しかし、それぞれの大学には奨学金の制度があったり、一定の条件下で学費免除になり無料で通える医学部もあります。
私大の医学部の学費は非常に高額ですが、その学費負担を少しでも軽減できるように、奨学金の採用も狙ってみてはいかがでしょうか?

▼国立・国公立医学部の学費は私立の10分の1!

【国立・公立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

2015.12.09

画像提供:
ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 「漫画 on web」(mangaonweb.com




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート