学費負担ゼロ!無料で通える医学部まとめ【完全版】

学費負担ゼロ!無料で通える医学部まとめ【完全版】

経済的な理由で医学部進学を諦めるのはもったいない!

私立に入れば、3,000万円以上の学費がかかる医学部。

【私立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

2015.12.09

どうしても学費が高いというイメージが先行している医学部ですが、実は学費負担ゼロ、つまり無料で通える医学部があることをご存じでしたか?

今回は家計にも優しい!無料で通える医学部を紹介します。

卒業後の条件付きで学費の返済が全額免除になる医学部:自治医科大学(自治医大)

学費負担ゼロ!無料で通える医学部まとめ【完全版】

自治医科大学は、僻地治療や地域治療の充実を目的に全国の都道府県が共同で作った大学です。

自治医科大学の学費の支払方法は特殊で、まず入学と同時に、大学との貸与契約を結び、入学金や学費をすべて大学から借ります。そして卒業後に医師になってから返済していきます。

つまり、入学金や授業料を含め一切の支払いがありません。
(むしろ、入学と同時に入学時学業準備金として大学から40万円もらえます。当然これも大学からの借金です。)

また返済といっても、卒業後9年間、指定された病院(医師が不足している全国の山間離島など)で勤務すれば、学費の返済も全額免除になります。

学費自体は、6年間で2,260万円と高額ですが、

  • 入学と同時に大学から借りるので支払は一切なし
  • 借りた学費も卒業後指定された病院で9年間勤務すれば返さなくて良い

ということになります。

授業料免除かつ給料をもらいながら学べる医学部:防衛医科大学校(防衛医大)

学費負担ゼロ!無料で通える医学部まとめ【完全版】

防衛医科大学校は、防衛省が設立した大学です。

自衛隊の医師の養成と訓練を目的に作られた大学のため、入学金や学費は一切かかりません

入学すると、自動的に防衛省職員・自衛隊員(国家公務員)となり、毎月の学生手当として給料約11万円と毎年2回の賞与(ボーナス)がもらえます。

つまり学費もかからず、給料をもらいながら医師になれるということです。

しかし自衛隊員(公務員)扱いになるわけですから、一般の大学生のような生活を送ることはできません。
6年間は寮生活を余儀なくされ、またアルバイトも禁止です。

また、卒業後9年間は自衛隊員として、自衛隊病院や各部隊で勤務が義務付けられています。
9年以内に自衛隊を退官する場合は、大学卒業までの経費として最大5000万円近いお金を国に返還する必要があります。

次ページ:奨学金で無料で通うことも可能