【私立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

951dad0957d184c51508a1cf6bd7f981.jpg

私立医学部に進学すると結局いくらかかるのか

お金がかかるイメージのある医学部ですが、医学部に進学すると結局どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
今回は、私立医学部の学費・費用を徹底調査してみました。

私立医学部の場合は、約3,200万円かかる

まず結論からになってしまいますが、私立医学部全30大学の6年間の学費の平均は3,265万円でした。

学費が安い大学ほど、偏差値が高く難易度が高い傾向があります。
つまり入りづらいということですね。

数年前帝京大学が1,000万円近く学費を値下げをしたとき、受験者数が大幅に上がり、同時に偏差値が大幅に上がったということがありました。

どうして医学部は学費が高いのかまず1つの理由に、教えてくれる先生方が医師なので、他の学部に比べて給与(人件費)が高いという点があります。また付属病院の運営費も大学が負担しているため、医学部は他の学部に比べてお金がかかっています。

高額な人件費と付属病院の運営費を、医学部の少ない定員で割ると、どうしても1人当たりの学費が高くなってしまうのです。

▼国公立医学部の学費についてはこちら

【国立・公立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

2015.12.09

私立で最も学費の安いのは順天堂大学。慶應医学部は2番目に安い。

【私立医学部の学費】医学部は卒業するまでに結局いくらかかるのか

私立の医学部で最も学費が安いのは、順天堂大学で2,080万円(6年間総額)。
私立医学部の最高峰とも言われる「慶應医学部」は、順天堂に次いで2,138万円となっています。

私立医学部の中でも比較的学費の安いと言われる順天堂大学・慶應大学でも、2,000万円以上の学費がかかります。

私立医学部29大学の6年間の学費一覧
順位 大学名 所在地 6年間総額 初年度納付金
1 順天堂大学 東京都 2080万円 290万円
2 慶應義塾大学 東京都 2138万円 373万円
3 昭和大学 東京都 2200万円 450万円
4 東京慈恵会医科大学 栃木県 2250万円 350万円
5 自治医科大学 東京都 2260万円 460万円
6 東邦大学 東京都 2580万円 480万円
7 日本医科大学 大阪府 2770万円 545万円
7 関西医科大学 東京都 2770万円 570万円
9 東京医科大学 東京都 2940万円 740万円
10 産業医科大学 福岡県 3049万円 591.5万円
11 大阪医科大学 大阪府 3141万円 648.5万円
12 東京女子医科大学 東京都 3284万円 880万円
13 日本大学 東京都 3310万円 635万円
14 岩手医科大学 岩手県 3400万円 900万円
15 聖マリアンナ医科大学 神奈川県 3440万円 690万円
16 東海大学 神奈川県 3500万円 640万円
17 近畿大学 大阪府 3580万円 680万円
18 久留米大学 福岡県 3620万円 920万円
19 獨協医科大学 栃木県 3660万円 960万円
20 埼玉医科大学 埼玉県 3700万円 825万円
20 杏林大学 東京都 3700万円 950万円
20 兵庫医科大学 兵庫県 3700万円 950万円
23 帝京大学 東京都 3749.6万円 1141.6万円
24 福岡大学 福岡県 3760万円 960万円
25 愛知医科大学 愛知県 3800万円 950万円
25 藤田保健衛生大学 愛知県 3800万円 900万円
27 北里大学 神奈川県 3890万円 900万円
28 金沢医科大学 石川県 3950万円 1100万円
29 川崎医科大学 岡山県 4550万円 1050万円

次ページ:私立の医学部で最も学費が高い大学とは?