これであなたも余白マスター~すぐに実践出来る8つのポイント~

goukaku-lab_2015-09-10_08-58-23.jpg

はじめに

センター試験は1点を争う試験です。そのため、うっかりしたミスやマークミスが後々命取りとなってしまいます。

そこで注目したいのが「余白」です。本番では、普段よりとても少ない「余白」を用いて問題を解かなければなりません。

しかし、言い換えれば「余白」の使い方に注意することでうっかりミスをなくし他の人と差をつけることができるのです。今回「余白」の使い方のポイントを8つにまとめたので、ぜひマスターしましょう!

①余白は縦に分けて使え!

例えば数学などの計算をする時に空いているスペースに適当に書いている人が多いのではないでしょうか。

しかしこれは自分が問題を解いている最中にどこにどの過程を書いたかわからなくなってしまう可能性が高いため危険です。

そのため余白を縦に分けて使うことをおすすめします。線を引くことで今までは適当に書いていた過程もすっきりとし、後で順を追うことが出来ます。このように余白を見やすく使うように心がけましょう。

②あえて大きめの字で!

余白のスペースは限られているので出来れば細かく書いた方がいい! なんて思ってはいませんか?

しかしここにも落とし穴があるのです。例えば、0と6やaとqなど気を付けないと自分で書いたのにも関わらず見間違えてしまう場合があります。

これらの見間違えを防ぐために丁寧に書くことはもちろんですが、時間が限られているセンター試験で綺麗な字を書くことは難しいですよね。

だから、例え少し乱れた字を書いても大きめの字で書いてあれば見間違えを防ぐことが出来ます。問題の解き方は合っていたのに読み間違えていた、なんてことがあったらもったいないですよね!

③出した答えは強調させる!

数学で計算した数値など、自分が出した答えを必ず問題用紙に記入していますか?センター試験は学校の定期テストのように点数を公開してくれません。

事前に成績開示を申請しておくと成績がわかる仕組みもあるのですが、公開されるのは4月になります。そのため受験後には自己採点して、得点を予想して受験校を決める必要があります。

その時に自分がどの答えを選んだのかわからない、実は自分が選んだ解答ではなく違う解答にマークをしていた、ということがあると正しい点数が出ず、結果的に合否に関わる可能性があります。

では、この問題を防止するためにはどうしたらよいのでしょうか。答えは簡単です。自分の選んだ選択肢に大きく丸を付けたり、出した数値を必ず記号の横に書いておけば良いのです。

また1行ずらして塗ってしまうことを防ぐために、大問が終わったら1回確認したり、問題番号と照り合わせたりしながらマークしましょう!

④問題番号を記入する!

余白を使い問題を解く時に必ず問題番号を書いていますか? 

問題番号を書いておかないと問題を解いている途中に間違えに気付いた時や見直しの際に、この問題はどこに書いたのだろう、と自分で書いておきながら分からなくなってしまいます。そのため余白に問題を解く時は必ず問題番号を記入しておきましょう。

また過程ごとに番号を書いておくと頭の中もすっきりし見直しもスムーズにできますよ。

⑤図形は必要な線だけ描け!

数学では必ずしも問題文中で与えられた図形を全て正確に描く必要はありません。全て描いてしまうと線がいくつも交差し、図が汚くなり自分が混乱してしまいます。

例えばセンター試験のように前半部と後半部で大きくわかれているような問題の場合には注目すべき図形の部分が変わってきます。

そのため面倒くさがらずに問題ごとに必要最低限の図形を描くと良いでしょう。

⑥数学では必要以上に消しゴムを使うな!

このポイントを見てびっくりした人も多いでしょう。間違えた計算式は消して書いた方が綺麗なように思えますが、数学の試験ではあえて消しゴムを使わずに2重線で消すことをおすすめします。

もし消しゴムを使うと自分が間違えた過程が全て消えてしまいます。分からない問題があった際に解き方を探し、解答に辿り着くまでに同じような過程を何度も繰り返していることもあります。

そのため間違えた計算式をあえて残しておくことによって頭の中を整理しやすくなり、なおかつ同じ失敗を防ぐことが出来るのです。

⑦段落ごとに要約を書け!

英語や国語では、文章を読んだ時に段落ごとに簡単な要約を書いておきましょう。

このことにより全体の概要をつかむことが出来るとともに2回目に読む時に予めポイントを押さえてあるためさらに詳しく読み進めることができます。

また登場人物はどのような人で今はどのような状況か、などといった5W1Hなども書いておくとさらに分かりやすいですね!

⑧問題番号にもマークせよ!

問題を解いている時に自分が苦手だったりあやふやだったりする分野が出てくると、自分が選んだ解答が本当に合っているのか不安になりますよね。

しかし頭をひねり正解が分かるまでその問題でストップし時間を費やすのはもったいない! そんな時には問題番号に一旦マークを付けて先に進みましょう。

問題を一周した後にもう一度解いてみると先ほどまで気付かなかった間違いに気付くことがあります。ここで注意! もう一度マークをした問題を解き直す時間配分も考えて他の問題を解き進めてくださいね。

まとめ

「余白」の使い方を変えることは難しいことではなく誰でもすぐにできます。今回紹介したことを参考にしながらぜひ「余白」を使いこなしてくださいね!