【横国 経済学部 数学】基礎からはじめる文系数学で合格点を取る勉強法

はじめに

皆さんこんにちは!
私は横浜国立大学(以下横国)在学中の経済学部2年生です。

経済学部は、横国の文系学部で唯一数学が前期入試の個別学力試験(2次試験)で課される学部ということはご存知でしょうか?

経済学部に興味はあるけれど、数学が苦手だったり、勉強の仕方に困っていたりする受験生もいるかと思います。
今日はそんな皆さんのためにも、私の数学の合格体験記をお伝えしたいと思います!

横国 経済学部 数学の配点と難易度

横国経済学部前期入試の配点はセンター試験900点、2次試験800点。そして800点のうちそれぞれ英語と数学が400点ずつとなっています。
数学の配点が大きいということが分かりますね。

また、横国経済学部の数学は理系学部との共通問題もあり、中々の難易度です。

ですから、数学が合否を分ける!と言っても過言ではありません。

しっかりと基礎を固めて演習を積み重ね、過去問で出題された問題を押さえることが求められます!

横国 経済学部 数学の過去問対策(開始時期と量)

横国 経済学部 数学の過去問対策を開始した時期と当時の学力

私が初めて過去問を解いたのは高3の8月上旬でしたが、大問が3つあるうち手を付けられたのは1つのみ。
自分の実力不足に驚きました。

私は当時、河合塾全統記述模試では数学の偏差値が70近くあり、数学については得意ではないにしろ多少のアドバンテージを持っていると思っていました。

しかし実際の入試問題に触れ、模試の偏差値は合否を断言できるものではないのだと強く感じたことを覚えています。

本格的に過去問演習を始めたのは9月中旬。
量をこなすためには多くの時間を割かなければならないと考えていたので早期から過去問演習を始められるようスケジュールを立てました。

横国 経済学部 数学の過去問は何年分解くべき?

私は最新年度版のみならず過年度の赤本を購入したり高校や塾の赤本を借りるなどして10年分の過去問を手に入れました。

それ以上過去の問題は手に入れることができなかったので、手元にある10年分を完璧にするということを心がけて取り組みました。

多くの過去問を解くと出題される問題の傾向に気づきます。
例えば、

  • ほとんどの年度で微分積分の問題は出題されており、図示が必要とされる問題が多いため、グラフを素早く書ける必要がある
  • ベクトルまたは数列の大問は理系学部の数学との共通問題で、計算量が特に多い年もある

といったことです。

この先でも説明しますが過去問はただ量をこなすだけでは実力が付きません。もっと言うと過去問を解いても偏差値は上がりません。

どのように過去問を活かし日々の学習をするのかという、過去問を解いた後の学習が点数を上げるのです!

横国 経済学部 数学の過去問の使い方

横国 経済学部 数学の過去問の解き方、自己採点の仕方、振り返り方法

まずは時間を測って1年分の過去問を解きます。その際、過去問専用のノートを科目ごとに分けて作っておくと後から見直しやすいです。
はじめは制限時間の90分間が長く感じられるかもしれません。それでもなるべく時間を目一杯使って考え抜き、自分が考えたことをノートに残しておきましょう。

次に自己採点をします。
赤本についている解説と自分の解答を見比べ、方針が正しかったか、どこを間違えてしまったのかを明らかにし、メモしておきましょう。
もし、答えの数字が合っていたとしても欠かさず解説と見比べ、解答と同じように解けているのか、もう少し効率よく解く方法は無かったか確かめてください。

また、横国経済学部の数学は複雑な計算が求められる問題が多いため、間違えた問題の解答を書き写すだけではなく、自分の手で解答再現して計算力を高める必要があります。

最後に、振り返りをします。私は過去問演習振り返りシートを大学ごとに作り、日付、過去問の年度、正答率(正解した問題数/全問題数)、反省点を書き込みました。

反省点を書く際はなるべく具体的に書き、次回以降に繋げられるようにします。例えば「三角関数の問題で置換することが思いつかなかった。〇〇(参考書名)の三角関数の問題を復習する。」というように記録しておくと、今後何を学習すれば点数を伸ばせるのか見えてきます。

以上の流れが1年分の過去問の使い方です。
解く、自己採点する、振り返りをする。特に最後の2点をどれだけしっかりとできるかが点数に繋がってくるはずです。
過去問は解くこと以上に、その後の学習が肝心です!

横国 経済学部 数学の過去問対策の復習、解き直しの仕方

復習する際、すべての問題に取り組む必要はないと思います。私は演習の際に自力で解けた問題には○印をつけておき、○がついていない問題のみ解き直しをしました。

復習を繰り返し、すべての問題に○がつくまで繰り返せば最初に比べてかなりの力がついているはずです!

解き直しをする際も上記の解く、自己採点する、の2ステップを特に丁寧にすることを心がけてください。

【時期別】実際に使用していた参考書とその使い方と効果

①4STEP数学ⅠAⅡB

4STEPは高校での指定参考書だったので、高校の授業の復習教材として高1~2にかけて継続的に使用していました。

そのタイトル通り基礎から発展まで4ステップの構成となっており、教科書レベルから入試レベルまで幅広い難易度の問題を収録していて、計算の練習や模試・入試対策までカバーできます。

ただし、問題数がとても多いので全部やり切るのには長い時間がかかるでしょう。計画的に進めましょう。

4STEPの特長とおすすめの使い方・勉強法

2019.05.25

②青チャートⅠ+A

私は高2の夏休みから秋にかけて数1Aの復習のために使用しました。

本書は教科書レベルの問題から入試発展レベルの問題を取り扱っています。
最大の特長はそれらの問題の難易度が5段階で示されているため、配列が効果的ということです。

さらに、解法のポイントを各問で説明しているので、正しい解答の書き方を学ぶことができます。過去問に取り組む前にやっておくべき参考書の1つです。

項目のはじめにある基本事項のページは教科書の役割も果たし、これ1冊で参照と問題演習ができるという優れものです。

チャート式・基礎からの数学(青チャート)の特長とおすすめの使い方・勉強法

2017.10.08

③Focus GoldⅡ+B

私は本書を予備校のテキストで触れた問題との関連問題を探して演習をするというように、サブ教材として高2の冬から高3受験直前にかけて使用しました。

②の青チャートと基本的に構成は似ているのですが、例題集、チャレンジ編、実践編と分かれておりメインはチャレンジ編となっています。

フォーカスゴールドの特長とおすすめの使い方・勉強法

2017.11.13

④メジアン数学演習Ⅰ・Ⅱ・A・B

こちらは学校採用専用書籍となっており店頭では販売していないのですが、高3の頃学校の授業で本書を採用していたので1年間使用していました。

高校の授業では基礎を確実に固めるのを目標にして学習していたため、収録されている問題全ての解法を理解するよう努めました。

本書1冊をやりきることによって入試問題基礎から標準レベルの力を身につけられます。

最後に|横国 経済学部 数学で高得点をとるためのアドバイス

私が最も伝えたいことは、基礎固めに十分な時間をかけてほしいということです。
参考書で難易度の高いレベルの問題の解法を覚える以上に、教科書に載っている公式を覚えたり、証明の方法を理解したりする基礎固めが、横国経済学部の数学で高得点を取るために必要です。

基礎をしっかり固めた人ほど、根本の理解ができているため応用力も伸びやすいです。

そして、志望校に合格するために肝心なことはその大学の過去問演習を積むことです。
過去問演習を十分にするのは想像以上に長い時間がかかるため、基礎固めは遅くとも高3の夏休みまでには完成させてほしいです。

そのためには、いつから数学の基礎固めに取り組めばいいのか考えてみましょう!
皆さんが苦手科目を克服し、第一志望校に合格できることを願っています。




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート