参考書の使い方まで!?スティーブ・ジョブズの名言を受験生向けに解釈してみた

jobs

画像引用:YouTubeで振り返る、Apple & スティーブ・ジョブズの歴史と名言 | 株式 ...

この記事は 2016年07月18日に更新されました。

こんにちは、MacBook Airで記事を書いてます。啓です。

突然ですが、皆さんはスティーブ・ジョブズを知ってますか?

皆さんお使いのiPhoneでお馴染みのAppleを設立し、iPod、iTunes、MacBook Air、iPadなどの製品をヒットさせた現代の偉人です。

Appleは今では時価総額世界一の大企業です(2016年 7月現在)

ほっんと、ジョブズさん尊敬しちゃいますよね。そこで私は思いました。

これほど凄い人の考えることは

きっと受験にも応用できるに違いない、と

ありがたいことにジョブズさんは沢山の名言をこの世界に残してくれています。

早速見ていきましょう!

(英語付きなので英語の勉強にもなっちゃいます)

未来を見て、点を結ぶことはできない…

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

ふむふむ、、、一見なんのことを言っているか分かりませんが冷静に考えてみましょう。

未来を見て…点を結ぶことはできない…

過去を振り返って…点を結ぶだけ…

.

.

.

わかりました!!!

このジョブズの名言を受験生向けに解釈すると

テスト直しや模試直しをしっかりしろ

ということですね。

模試やテストの後に現実逃避をして「次の模試ではいい成績が出る」「本番なら実力が出る」と言ったような根拠の無い未来を信じるのではなく、

過去の自分を見つめて反省しなければならないということでしょう。流石ジョブズですね。いいことを言います。

模試直しが単なる現状把握で終わっている人はいませんか?

「C判だ、D判だ。よし、次からは頑張ろう」などと言うだけで終わっているなら、もったいないです。もったいないお化けがでます。もったいないお化けってなんだ?

なぜ、もったいないのかというと、具体的な対策法まで思考が及んでないからです。それでは、同じ間違いを繰り返してしまうだけですよね。

そのため、「なぜ望む判定が得られなかったのか」を必ず確認しましょう。

どういう勉強法が必要だったのかを考えて初めて反省する意味があります。

未来に点が繋がると信じられるような、テスト直しや模試直しをしましょうね。

さあどんどん行きましょう。

スポンサーリンク

結果の平等はともかく….

結果の平等はともかく、機会というものは誰にでも平等であると固く信じている。

I’m a very big believer in equal opportunity as opposed to equal outcome.

おやおや。これはどんピシャリで受験に当てはまる考えですね。

確かに入試というのは試験の点数で受験生に優劣をつけ合格不合格を出します。結果という観点で見れば不平等そのものです。

しかし、機会という面からではどうでしょうか?

親が大金持ちでなくとも、地方出身であろうとも、どんな宗教を信仰していようとも

すべての人に対して入試というのは平等に開かれています。その機会に不平等はほとんどありませんよね。

画一的な入試で合否が決まることが嫌になる人もいるかもしれませんが、大学受験とはこの世で数少ない平等に判断してもらえる機会なのかと思うと、少し頑張ってみようと言う気になれませんか?

まだまだジョブズの受験に応用できる名言は終わりません。

次ページ:「好きな物事しか続けられない」という言葉の真意が深かった。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。