【古典文法】形容詞・形容動詞

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

皆さん、こんにちは!

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は形容詞・形容動詞を取り上げます。

古典文法の中では助動詞と違って軽視されがちな範囲ですが
意外と点数を落としやすい分野になるので、ここでしっかりと活用を確認しておきましょう!

形容詞の活用

形容詞は基本形を「-し」で言い切ります。
活用には活用語尾が「く・し・き・けれ」のようになる「ク活用」型のものと「しく・し・しき・しけれ」のようになる「シク活用」型のものがあります。

見分け方は、語尾に「なる」をつけてみて「〜くなる」となるものはク活用、「〜しくなる」となるものはシク活用、と覚えましょう。
例えば「寒し」は「寒くなる」となるのでク活用、「美し」は「美しくなる」となるのでシク活用と判断できます。

ク活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(く)・から (く)・かり き・かる けれ かれ
ク活用形容詞の例:明かし、憂し、面白し、かたし、少なし、にくし、寒々し

シク活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(しく)・しから (しく)・しかり しき・しかる しけれ しかれ
シク活用形容詞の例:悪し、あやし、いみじ、うれし、すさまじ、なまめかし、美し

次ページ:次は形容動詞

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ましゅー

現在、東京大学法学部在学中。趣味は筋トレと古文。古文の世界観が好きで今でも源氏物語などの古典を現代語訳で読む。