【東大女子 栃木】全国の高校生に届け!様々な苦節を経て上京した東大女子!

東大女子キャン運営委員会が送る47都道府県東大女子インタビューその47

今回インタビューした方はこちら!

お名前 高田あゆみ(たかだ あゆみ)
出身高校 県立宇都宮中央女子高校(非中高一貫 入学年度東大合格者数1人)
入学時の科類 文科三類(2016年度入学)
進学先 文学部人文学科美学芸術学専修
高校の部活 吹奏楽部

今回は文学部3年(インタビュー時)の高田あゆみさんにインタビューしました!高田さんの高校時代、浪人時代はどのようだったのか、そして「47都道府県東大女子インタビュー」について、ぜひご覧ください!

部活と勉強

―では、よろしくお願いします!

お願いします!

―早速、高校生活について聞いていきます。吹奏楽部だったとのことですが、勉強との両立はどうでしたか?

部活が盛んな高校で、基本週7日練習があったと思います。もともとこの高校を選んだのは吹奏楽部があったからで、中学の頃は授業中も吹奏楽のことしか考えてないくらい熱中してた(笑)でも、高校に入ってからは勉強の方がしたくなって、2年の夏のコンクールに出て退部しました。部員に、辞める理由が勉強だって言いづらかったな。

―それはどうして?

うーん、時間的に勉強と部活の両立が厳しいのはみんな同じなので。でも私は、部活が無ければいいのにって思うようになってたから、もう辞めようと思いました。部活は楽しいけど時間が…っていう人は、部活を続けた方が気持ちが安定する人もいると思うから、両立が厳しい時にどうした方がいいかは人それぞれだけど。

―勉強がしたくて部活を辞めたってことは、東大を目指し始めたのも早かったのかな?

いや、東大を目指し始めたのは部活を辞めた後で、2年の夏の終わり。担任との面談で勧められて。

―そうなんだ!じゃあ、それまでは東大は考えてなかった?

うん、全く(笑)目指す大学だっていう認識をしてなかった。「勉強大変だから、本当に東大目指すかはよく考えてね。」って言われて、「大変だって言われたから諦めるっていうのは癪だな〜」って思ったので目指すことにしました(笑)

東大志望が周りにいない中で

―実際、勉強は大変だった?

まあそうだね。定期テストの前は特につらかった。

―模試よりも定期テスト?

うん。日本史の勉強と定期テストの両立がね。高校のカリキュラムの関係で地歴を2科目履修できなかったから日本史を独学でやってたの。履修してないってことは定期テストが無いから、日本史を勉強しても定期テストの成績は上がらないのよ(笑)2年の秋から始めたから日本史が1番勉強遅れてるけど、定期テストの成績上位者は点数と順位貼り出されるしな~って…

―独学はつらいね…。受験の時に言われてよかったことってなに?

両親が時々「つらいならもう東大受験やめよう?」って言ってくれたことかな。途中で目指すのやめないでねって高校から言われてたのもあって、東大を諦めるっていう選択肢が見えなくなってたんだよね。両親は成績を見せた時に「頑張ってるね。体調気をつけてね。」しか言わなかったのも気が楽だったな。
あと、吹奏楽で同じパートだった子が部活辞めた後も仲良くしてくれたり、3年間同じクラスだった子が気にかけて話しかけてくれたりしたのはすごく助かりました。

―それはありがたいね。

本当に…!

―逆に、言わないでほしかったなっていうことはある?

100点取れないねって言ってくる先生とか、東大目指してるんだからこれくらい分かるでしよっていう態度の先生もいて、それはすごくプレッシャーだった。あと、東大受験に直接関係ないお願いをした時に、ある先生に「東大目指してるから特別扱いしてくれっていうことですか?」って言われたのは未だに根に持ってる(笑)

―先生もどう接していいか分からなかったのかもね。